練馬桜台聖書フォーラム

天使論、サタン論、悪霊論 レジュメ(8)2022年 9/10

2022.09.15

カテゴリー:お知らせ, 天使論、サタン論、悪霊論, 学び

天使論、サタン論、悪霊論
レジュメ(8
)2022年9/10

 

天使が聖書の大切な場所にこれほど多く登場していたとは

 

2010年フルクテンバウム博士セミナー『天使論、サタン論、悪霊論テキスト) を学んでいます。
ご購入はこちらから(CD8枚組)(MP3版)(テキストのみ
DVD8枚組は販売終了)

 

レジュメもくじ

前回のレジュメ

 

フルクテンバウム博士のメッセージを中川健一牧師がわかり易く通訳してくださったセミナーの内容を基に作成しています。

以下
青色の聖句はセミナーでとりあげられた聖句です。
(但し、ここでは新改訳2017を使用しています)
紫色の聖句は2回目の聖句または参考聖句
黒色の文章がセミナーの説明文

緑色の文章はHP編者による補足説明
茶色の文章はDr.Arnold G. Fruchtenbaum 『Messianic Bible Study Series』
MBS073 Angelology :  The Doctrine of the Elect Angels からの補足説明です。

興味のあるところはリンク先もご覧になってみてください。

 

 

天 使 論

イントロダクション
Ⅰ.天使の存在
Ⅱ.天使の名前
Ⅲ.天使の創造
Ⅳ.天使の数
Ⅴ.住まい、活動範囲、現れ
Ⅵ.天使の性質
Ⅶ.天使の本質
Ⅷ.組織
Ⅸ.天使の働き
Ⅹ.天使の運命

 

今回は聖句が長いです。ゼヒ紙の聖 書をお読みください。

セミナーテキスト14ページ

Ⅸ.天使の働き

 

 聖なる天使がどういう働きをするか
いくつかの分野に分割した

 

A.神との関係における天使の働き

 

具体的な働き4つ

 

①神の礼拝が維持されるために働く

 

29:1 力ある者の子ら sons of the mighty よ。【主】に帰せよ。
栄光と力を【主】に帰せよ。
29:2 御名の栄光を【主】に帰せよ。
聖なる装いをして【主】にひれ伏せ。
Ⅱ天使の名前 ③力ある者の子ら

 

103:20 【主】をほめたたえよ 主の御使いたち his angels よ。
みことばの声に聞き従い
みことばを行う 力ある勇士たちよ。

 

148:2 主をほめたたえよ すべての御使いよ。
主をほめたたえよ 主の万軍よ。
(3)Ⅵ天使の性質 A.知性

 

イザ 6:3 互いにこう呼び交わしていた。
「聖なる、聖なる、聖なる、万軍の【主】。
その栄光は全地に満ちる。」

 

ヘブル 1:6 そのうえ、この長子をこの世界に送られたとき、神はこう言われました。
「神のすべての御使いよ、彼にひれ伏せ。」

 

4:8 この四つの生き物 the four living creatures には、それぞれ六つの翼があり、その周りと内側は目で満ちていた。
そして、昼も夜も休みなく言い続けていた。
「聖なる、聖なる、聖なる、
主なる神、全能者。
昔おられ、今もおられ、やがて来られる方。」
4:9 また、これらの生き物が栄光と誉れと感謝を、御座に着いて世々限りなく生きておられる方にささげるとき、4:10 二十四人の長老たちは、御座に着いておられる方の前にひれ伏して、世々限りなく生きておられる方を礼拝した。
また、自分たちの冠を御座の前に投げ出して言った。
4:11 「主よ、私たちの神よ。
あなたこそ栄光と誉れと力を受けるにふさわしい方。
あなたが万物を創造されました。
みこころのゆえに、それらは存在し、
また創造されたのです。」

 

5:8 巻物を受け取ったとき、四つの生き物と二十四人の長老たちは子羊の前にひれ伏した。
彼らはそれぞれ、竪琴と、香に満ちた金の鉢を持っていた
香は聖徒たちの祈りであった。
5:9 彼らは新しい歌を歌った。
「あなたは、巻物を受け取り、
封印を解くのにふさわしい方です。
あなたは屠られて、
すべての部族、言語、民族、国民の中から、
あなたの血によって人々を神のために贖い、
5:10 私たちの神のために、彼らを王国とし、
祭司とされました。
彼らは地を治めるのです。」
5:11 また私は見た。
そして御座と生き物と長老たちの周りに、多くの御使いたちの声を聞いた。
その数は万の数万倍、千の数千倍であった。
5:12 彼らは大声で言った。
「屠られた子羊は、
力と富と知恵と勢いと誉れと栄光と賛美を
受けるにふさわしい方です。」
5:13 また私は、天と地と地の下と海にいるすべての造られたもの、それらの中にあるすべてのものがこう言うのを聞いた。
「御座に着いておられる方と子羊に、
賛美と誉れと栄光と力が
世々限りなくあるように。」

Ⅷ組織 B天的存在の3つの階級 2セラフィム b黙示録の中で

 

 

 

② 神の御心を行う

 

103:20 【主】をほめたたえよ 主の御使いたちよ。
みことばの声に聞き従い
みことばを行う 力ある勇士たちよ
Ⅶ天使の本質 D天使の特性 2力

 

 ヘブル 1:7 また、御使い the angels については、
「神は御使いたちhis angels を風とし、
仕える者たち his ministers を燃える炎とされる」
と言われましたが、
Ⅱ天使の名前 ⑨仕える者
Ⅲ天使の創造 D天使の地位

 

 

 

③ 神の御業を喜ぶ

 

ヨブ38:7
ヨブ 38:7 明けの the morning stars がともに喜び歌い、
神の子たち the sons of God がみな喜び叫んだときに。
神が天地を創造した時に喜んだとある
Ⅲ天使の創造 B創造の時期
Ⅵ天使の性質 B感情

 

ルカ15:10
ルカ 15:10 あなたがたに言います。
それと同じように、一人の罪人が悔い改めるなら、神の御使いたち the angels of God の前には喜びがあるのです。」
罪人が救われた時に喜ぶという
Ⅵ天使の性質 B感情

 

 

 

④ 神の裁きを実行する

 

創世記19:1~22
創 19:1 その二人の御使いthe two angels は、夕暮れにソドムに着いた。
ロトはソドムの門のところに座っていた。
ロトは彼らを見ると、立ち上がって彼らを迎え、顔を地に付けて伏し拝んだ。
19:2 そして言った。
「ご主人がた。どうか、このしもべの家に立ち寄り、足を洗って、お泊まりください。
そして、朝早く旅を続けてください。」
すると彼らは言った。
「いや、私たちは広場に泊まろう。」
19:3 しかし、ロトがしきりに勧めたので、彼らは彼のところに立ち寄り、家の中に入った。
ロトは種なしパンを焼き、彼らのためにごちそうを作った。
こうして彼らは食事をした。

19:4 彼らが床につかないうちに、その町の男たち、ソドムの男たちが若い者から年寄りまで、その家を取り囲んだ。
すべての人が町の隅々からやって来た。
19:5 そして、ロトに向かって叫んだ。
「今夜おまえのところにやって来た、あの男たちはどこにいるのか。
ここに連れ出せ。
彼らをよく知りたいのだ。」

19:6 ロトは戸口にいる彼らのところへ出て行き、自分の背後の戸を閉めた。
19:7 そして言った
「兄弟たちよ、どうか悪いことはしないでください。
19:8 お願いですから。私には、まだ男を知らない娘が二人います。
娘たちをあなたがたのところに連れて来ますから、好きなようにしてください。
けれども、あの人たちには何もしないでください。
あの人たちは、私の屋根の下に身を寄せたのですから。」
19:9 しかし、彼らは言った。
「引っ込んでいろ。」
そして言った。
「こいつはよそ者のくせに、さばきをするのか。
さあ、おまえを、あいつらよりもひどい目にあわせてやろう。」
彼らはロトのからだに激しく迫り、戸を破ろうと近づいた。
19:10 すると、あの人たち the men が手を伸ばして、ロトを自分たちのいる家の中に引き入れて、戸を閉めた。
19:11 家の戸口にいた者たちは、小さい者から大きい者まで目つぶしをくらったので、彼らは戸口を見つけようとする力も萎えた。

19:12 その人たちはロトに言った。
「ほかにだれか、ここに身内の者がいますか。
あなたの婿や、あなたの息子、娘、またこの町にいる身内の者をみな、この場所から連れ出しなさい。
19:13 私たちは、この場所を滅ぼそうとしています。
彼らの叫びが【主】の前に大きいので、【主】はこの町を滅ぼそうと、私たちを遣わされたのです。」
19:14 そこで、ロトは出て行き、娘たちを妻にしていた婿たちに告げた。
「立って、この場所から出て行きなさい。
【主】がこの町を滅ぼそうとしておられるから。」
しかし、彼の婿たちには、それは悪い冗談のように思われた。

19:15 夜が明けるころ、御使いたちはロトをせき立てて言った。
「さあ立って、あなたの妻と、ここにいる二人の娘を連れて行き
さい。
そうでないと、あなたはこの町の咎のために滅ぼし尽くされてしまいます。」
19:16 彼はためらっていた。
するとその人たちは、彼の手と彼の妻の手と、二人の娘の手をつかんだ。
これは、彼に対する【主】のあわれみによることである。
その人たちは彼を連れ出し、町の外で一息つかせた。
19:17 彼らを外に連れ出したとき、その一人が言った。
「いのちがけで逃げなさい。
うしろを振り返ってはいけない。
この低地のどこにも立ち止まってはならない。
山に逃げなさい。
そうでないと滅ぼされてしまうから。」
19:18 ロトは彼らに言った。
「主よ、どうか、そんなことになりませんように。
19:19 ご覧ください。
このしもべはあなたのご好意を受けました。
そしてあなたは私に大きな恵みを施してくださり、私のいのちを生かしてくださいました。
しかし、私は山にまで逃げることはできません。
おそらく、わざわいが追いついて、私は死ぬでしょう。
19:20 ご覧ください。
あそこの町は逃れるのに近く、しかもあんなに小さい町です。
どうか、あそこに逃げさせてください。
あんなに小さいではありませんか。
私のいのちを生かしてください。」
19:21 その人は彼に言った。
「よろしい。
わたしはこのことでも、あなたの願いを受け入れ、あなたの言うあの町を滅ぼさない。
19:22 急いであそこへ逃れなさい。
あなたがあそこに着くまでは、わたしは何もできないから。」
それゆえ、その町の名はツォアルと呼ばれた。
ソドムとゴモラが裁かれている

 

出エジプト記12:23
出 12:23 【主】はエジプトを打つために行き巡られる。
しかし、鴨居と二本の門柱にある血を見たら、【主】はその戸口を過ぎ越して、滅ぼす者the destroyer があなたがたの家に入って打つことのないようにされる。
エジプトの長子たちが皆殺された
これも天使の働き

 

Ⅰ歴代 21:15 神はエルサレムを滅ぼそうと、御使いを遣わされた。
【主】は御使いが滅ぼしているのを見て、わざわいを下すことを思い直し、滅ぼす御使いthe destroying angel に言われた。
「もう十分だ。手を引け。」
【主】の使いは、エブス人オルナンの打ち場の傍らに立っていた。

 

 

 

 

 

B.啓示の仲介者としての天使の働き

 

神さまは直接預言者に語る場合もあるが別の時には天使を仲介者として語る

 

① モーセの律法は天使をとおして与えられた

33:2 彼は言った。
「【主】はシナイから来て、
セイルから彼らを照らし、
パランの山から光を放ち、
幾万もの聖なる者 the ten thousands of holy ones のところから
近づいて来られる。
その右手に彼らの御使いたちを伴って。
Ⅳ天使の数

 

使 7:53 あなたがたは御使いたちを通して律法を受けたのに、それを守らなかったのです。」


ガラ 3:19 それでは、律法とは何でしょうか。
それは、約束を受けたこの子孫が来られるときまで、違反を示すためにつけ加えられたもので、御使いたちを通して仲介者の手で定められたものです。

 

ヘブル 2:2 御使いたちを通して語られたみことばに効力があり、すべての違反と不従順が当然の処罰を受けたのなら、

 

 

 

② ダニエルの預言

 

ダニエル書8章~12章
終末論のクライマックス反キリストの興隆と滅亡 Ⅴ反キリストの興隆
Ⅵ反キリストの死と復活
Ⅶ荒らす憎むべき者 参照
ダニ 8:1 ベルシャツァル王の治世の第三年、初めに私に幻が現れた後、私ダニエルにもう一つの幻が現れた。

・・・中略
8:13 私は、一人の聖なる者が語っているのを聞いた。
すると、もう一人の聖なる者が、その語っている者に言った。
Ⅱ天使の名前 ④聖なる者たち

「常供のささげ物や、あの荒らす者の背き、そして聖所と軍勢が踏みにじられるという幻は、いつまでのことか。」
8:14 すると彼は答えて言った。
「二千三百の夕と朝が過ぎるまで。そのとき聖所の正しさが確認される。」
8:15 私ダニエルは、この幻を見たとき、その意味を理解したいと願った。
すると見よ、勇士のように見える者が私の正面に立った。
8:16 私は、ウライ川の中ほどから「ガブリエルよ、この人にその幻を理解させよ」と呼びかけている人の声を聞いた。
8:17 彼は私が立っているところに来た。
彼が来たとき、私はおびえて、ひれ伏した。
すると彼は私に言った。
「悟れ、人の子よ。その幻は終わりの時のことである。」
8:18 彼が私に語りかけたとき、私は地にひれ伏したまま意識を失った。
しかし彼は私に触れ、その場に立ち上がらせて、8:19 こう言った。
「見よ。
私は、終わりの憤りの時に起こることをあなたに知らせる。
それは、終わりの定めの時に関わることだ。
8:20 あなたが見た二本の角を持つ雄羊は、メディアとペルシアの王である。
8:21 毛深い雄やぎはギリシアの王であり、その額にある大きな角はその第一の王である。
8:22 その角が折れて、代わりに四本の角が生えたが、それは、その国から四つの国が起こるということである。
しかし、第一の王のような勢力はない。

8:23 彼らの治世の終わりに、
その背く者たちが行き着くところに至ったとき、
横柄で策にたけた一人の王が立つ。
8:24 彼の力は強くなるが、
自分の力によるのではない。
彼は、驚くべき破壊を行って成功し、
有力者たちと聖なる民を滅ぼす。
8:25 狡猾さによってその手で欺きを成し遂げ、
心は高ぶり、平気で多くの人を滅ぼし、
君の君に向かって立ち上がる。
しかし、人の手によらずに彼は砕かれる。
8:26 先に告げられた夕と朝の幻、
それは真実である。
しかし、あなたはこの幻を秘めておけ。
これはまだ、多くの日の後のことだから。」

8:27 私ダニエルは、何日かの間病気になったままでいた。
その後、起きて王の事務を執った。
しかし、私はこの幻のことで驚きすくんでいた。
それを理解できなかったのである。
9:1 メディア族のクセルクセスの子ダレイオスが、カルデア人の国の王となったその元年、9:2 すなわち、その治世の第一年に、私ダニエルは、預言者エレミヤにあった【主】のことばによって、エルサレムの荒廃の期間が満ちるまでの年数が七十年であることを、文書によって悟った。

9:3 そこで私は、顔を神である主に向けて断食をし、粗布をまとって灰をかぶり、祈りと哀願をもって主を求めた。
9:4 私は、私の神、【主】に祈り、告白した。
「ああ、私の主、大いなる恐るべき神。
あなたを愛し、あなたの命令を守る者には、契約を守って恵みを下さる方。
9:5 私たちは罪ある者で不義をなし、悪を行って逆らい、あなたの命令と定めから外れました。

・・・中略
9:19 主よ、聞いてください。
主よ、お赦しください。
主よ、心に留めて事を行ってください。
私の神よ、あなたご自身のために、遅らせないでください。
あなたの都と民には、あなたの名がつけられているのですから。」

9:20 私がまだ語り、祈り、自分の罪と自分の民イスラエルの罪を告白し、私の神の聖なる山のために、私の神、【主】の前に伏して願いをささげていたとき、9:21 すなわち、私がまだ祈りの中で語っていたとき、私が初めに幻の中で見たあの人ガブリエルが、すばやく飛んで来て私に近づいた。
それは夕方のささげ物を献げるころであった。
9:22 彼は私に悟らせようとしてこう告げた。
「ダニエルよ。私は今、悟りによってあなたを賢明にさせようとして出て来た。
9:23 あなたが願いの祈りを始めたとき、一つのみことばが出されたので、私はそれを伝えに来た。
あなたが特別に愛されている者だからだ。
そのみことばを聞き分けて、その幻を理解せよ。

9:24 あなたの民とあなたの聖なる都について、
七十週が定められている。
それは、背きをやめさせ、
罪を終わらせ、
咎の宥めを行い、
永遠の義をもたらし、
幻と預言を確証し、
至聖所に油注ぎを行うためである。
9:25 それゆえ、知れ。悟れ。
エルサレムを復興し、
再建せよとの命令が出てから、
油注がれた者、君主が来るまでが七週。
そして苦しみの期間である六十二週の間に、
広場と堀が造り直される。
9:26 その六十二週の後、
油注がれた者は断たれ、彼には何も残らない。
次に来る君主の民が、都と聖所を破壊する。
その終わりには洪水が伴い、
戦いの終わりまで荒廃が定められている。
9:27 彼は一週の間、多くの者と堅い契約を結び、
半週の間、いけにえとささげ物をやめさせる。
忌まわしいものの翼の上に、荒らす者が現れる。
そしてついには、定められた破滅が、荒らす者の上に降りかかる。」

・・・中略

10:10 ちょうどそのとき、一つの手が私に触れて、膝と手のひらをついていた私を揺さぶった。
10:11 それから彼は私に言った。
「特別に愛されている人ダニエルよ、私が今から語ることばをよく理解せよ。
そこに立ち上がれ。
私は今、あなたに遣わされたのだ。」
彼がこのことばを私に語っている間に、私は震えながら立ち上がった。
10:12 彼は私に言った。
「恐れるな、ダニエル。
あなたが心を定めて、悟りを得ようとし、自分の神の前で自らを戒めようとしたその最初の日から、あなたのことばは聞かれている。
私が来たのは、あなたのことばのためだ。
10:13 ペルシアの国の君が二十一日間、私に対峙して立っていたが、そこに最高位の君の一人ミカエルが私を助けに来てくれた。
私がペルシアの王たちのところに残されていたからだ。
10:14 私は、終わりの日にあなたの民に起こることを分からせるために来た。
その幻は来たるべき日を待たなくてはならないが。」

・・・中略

11:36 この王は思いのままにふるまい、すべての神よりも自分を高く上げて大いなるものとし、神々の神に向かって驚くべきことを語る。
彼は栄えるが、ついには神の憤りで滅ぼし尽くされる。
定められていることがなされるからである。
11:37 彼は先祖の神々を心にかけず、女たちの慕うものも、どんな神々も心にかけない。
すべてにまさって自分を大いなるものとするからだ。
11:38 その代わりに彼は砦の神をあがめ、金、銀、宝石、宝物をもって、彼の先祖たちが知らなかった神をあがめる。
11:39 彼は異国の神の助けによって城壁のある砦を取り、彼が認める者には栄誉を増し加え、多くのものを治めさせて、代価として国土を分け与える。

11:40 終わりの時に、南の王が彼と戦いを交える。
北の王は戦車、騎兵、および大船団を率いて南の王を襲撃し、国々に侵入し、洪水のように通り過ぎる。
11:41 彼は麗しい国に攻め入り、多くの者が倒れる。
しかし、エドムとモアブ、またアンモン人のおもだった人々は、彼の手から逃げる。
11:42 彼は国々に手を伸ばす。エジプトの地もその手を免れることはない。
11:43 彼は金や銀の秘蔵物と、エジプトのすべての宝物を手に入れ、ルブ人とクシュ人が彼につき従う。
11:44 しかし、東と北からの知らせが彼をおびえさせる。
彼は多くのものを絶滅させようとして、激しく怒って戦いに出て行く。
11:45 彼は、海と聖なる麗しい山との間に、本営の天幕を張る。
しかし、だれも助ける者はなく、ついに彼は終わりを迎える。

12:1 その時、あなたの国の人々を守る大いなる君
ミカエルが立ち上がる。
国が始まって以来その時まで、
かつてなかったほどの苦難の時が来る。
しかしその時、あなたの民で、
あの書に記されている者はみな救われる。
12:2 ちりの大地の中に眠っている者のうち、
多くの者が目を覚ます。
ある者は永遠のいのちに、
ある者は恥辱と、永遠の嫌悪に。
12:3 賢明な者たちは大空の輝きのように輝き、
多くの者を義に導いた者は、
世々限りなく、星のようになる。
12:4 ダニエルよ。
あなたは終わりの時まで、このことばを秘めておき、この書を封じておけ。
多くの者は知識を増そうと捜し回る。」

12:5 私ダニエルが見ていると、見よ、二人の人が立っていた。
一人は川のこちら岸に、もう一人は川の向こう岸にいた。
12:6 その一人が、川の水の上にいる、あの亜麻布の衣を着た人に言った。
「この不思議なことは、いつになると終わるのですか。」
12:7 すると私は、川の水の上にいる、あの亜麻布の衣を着た人が語るのを聞いた。
彼はその右手と左手を天に向けて上げ、永遠に生きる方にかけて誓った。
「それは、一時と二時と半時である。
聖なる民の力を打ち砕くことが終わるとき、これらすべてのことが成就する。」
12:8 私はこれを聞いたが、理解することができなかった。
そこで私は尋ねた。
「わが主よ、この終わりはどうなるのでしょう。」
12:9 彼は言った。
「ダニエルよ、行け。
このことばは終わりの時まで秘められ、封じられているからだ。
12:10 多くの者は身を清めて白くし、そうして錬られる。
悪しき者どもは悪を行い、悪しき者どものだれも理解することがない。
しかし、賢明な者たちは理解する。
12:11 常供のささげ物が取り払われ、荒らす忌まわしいものが据えられる時から、千二百九十日がある。
12:12 幸いなことよ。
忍んで待ち、千三百三十五日に達する者は。
12:13 あなたは終わりまで歩み、休みに入れ。
なたは時の終わりに、あなたの割り当ての地に立つ。」
Dメシア的王国 1メシアによる統治

この長い長い預言は天使をとおして与えられている

 

 

 

③ ゼカリヤの預言

 

ゼカリヤ書14章あるがその中の6章までが天使をとおした啓示

 

ゼカ1:7~6章
ゼカ 1:7 ダレイオスの第二年、シェバテの月である第十一の月の二十四日に、イドの子ベレクヤの子、預言者ゼカリヤに、次のような【主】のことばがあった。
1:8 夜、私が見ると、なんと、一人の人が赤い馬に乗っていた。
その人は、谷底にあるミルトスの木の間に立っていた。
そのうしろには、赤毛や栗毛や白い馬がいた。
1:9 私は「主よ、これらの馬は何ですか」と尋ねた。
すると、私と話していた御使いが「これらが何なのか、あなたに示そう」と言った。
1:10 すると、ミルトスの木の間に立っていた人が答えた。
「これらは、地を行き巡るために【主】が遣わされた者たちだ。」
1:11 すると彼らは、ミルトスの木の間に立っている【主】の使いに答えた。
「私たちは地を行き巡りましたが、まさに全地は安らかで穏やかでした。」

1:12 それに答えて【主】の使いは言った。
「万軍の【主】よ。
いつまで、あなたはエルサレムとユダの町々に、あわれみを施されないのですか。
あなたが憤られて七十年になります。」
1:13 すると【主】は、私と話していた御使いに、恵みのことば、慰めのことばで答えられた。
1:14 私と話していた御使いは私に言った。
「叫んで言え。
『万軍の【主】はこう言われる。
わたしは、エルサレムとシオンを、
ねたむほど激しく愛した。
1:15 しかし、わたしは大いに怒る。
安逸を貪っている国々に対して。
わたしが少ししか怒らないでいると、
彼らは欲するままに悪事を行った。』
1:16 それゆえ、【主】はこう言われる。
『わたしは、あわれみをもってエルサレムに帰る。
そこにわたしの宮が建て直される。
──万軍の【主】のことば──
測り縄がエルサレムの上に張られる。』
1:17 もう一度叫んで言え。
『万軍の【主】はこう言われる。
わたしの町々には、再び良いものが満ちあふれ、【主】は再びシオンを慰め、再びエルサレムを選ぶ。』」

 

1:18 私が目を上げて見ると、なんと、四つの角があった。
1:19 私と話していた御使いに「これらは何ですか」と尋
ると、彼は言った。
「これらは、ユダとイスラエルとエルサレムを散らした角だ。」
・・・中略
2:1 私が目を上げて見ると、なんと、一人の人がいた。
その手には、一本の測り綱があった。
2:2 私が「あなたはどこへ行くのですか」と尋ねると、彼は私に「エルサレムを測りに。その幅と長さがどれほどあるかを見るために」と答えた。
2:3 すると見よ、私と話していた御使いが出て行った。
また、もう一人の御使いが、その御使いに会うために出て行き、2:4 彼に言った。
「走って行って、あの若い者にこう告げよ。
『エルサレムは、その中に人と家畜があふれ、
城壁のない町のようになる。
2:5 わたしが

──【主】のことば──
それを取り巻く火の城壁となる。
わたしがそのただ中で栄光となる。

・・・中略

2:10 『娘シオンよ、喜び歌え。楽しめ。
見よ。わたしは来て、あなたのただ中に住む。
──【主】のことば──
2:11 その日、多くの国々が
【主】に連なり、わたしの民となり、
わたしはあなたのただ中に住む。』
このときあなたは、
万軍の【主】が私をあなたに遣わされたことを知る。
2:12 【主】は聖なる土地で、
ユダをご自分の受ける分とし、
エルサレムを再び選ばれる。

 

2:13 すべての肉なる者よ、【主】の前で静まれ。
主が聖なる御住まいから立ち上がられるからだ。」

・・・以下省略

中川健一牧師による「ゼカリヤ書」CD&テキスト

 

 

 

④ 黙示録

 

また黙示録そのものが天使をとおしてヨハネに直接与えられている啓示の内容

 

1:1 イエス・キリストの黙示。
神はすぐに起こるべきことをしもべたちに示すため、これをキリストに与えられた。
そしてキリストは、御使いを遣わして、これをしもべヨハネに告げられた。

 

10:1 また私は、もう一人の強い御使いが、雲に包まれて天から下って来るのを見た。
その頭上には虹があり、その顔は太陽のよう、その足は火の柱のようで、10:2 手には開かれた小さな巻物を持っていた。
御使いは右足を海の上、左足を地の上に置いて、10:3 獅子が吼えるように大声で叫んだ。
彼が叫んだとき、七つの雷がそれぞれの声を発した。
10:4 七つの雷が語ったとき、私は書き留めようとした。
すると、天からの声がこう言うのを聞いた。
「七つの雷が語ったことは封じておけ。それを書き記すな。」
10:5 それから、海の上と地の上に立っているのを私が見たあの御使いは、右手を天に上げ、10:6 天とその中にあるもの、地とその中にあるもの、海とその中にあるものを造って、世々限りなく生きておられる方にかけて誓った。
「もはや時は残されておらず、10:7 第七の御使いが吹こうとしているラッパの音が響くその日に、神の奥義は、神がご自分のしもべである預言者たちに告げたとおりに実現する。」
10:8 それから、前に天から聞こえた声が、再び私に語りかけた。
「行って、海の上と地の上に立っている御使いの手にある、開かれた巻物を受け取りなさい。」
10:9 私はその御使いのところに行き、「私にその小さな巻物を下さい」と言った。
すると彼は言った。
「それを取って食べてしまいなさい。
それはあなたの腹には苦いが、あなたの口には蜜のように甘い。」
10:10 そこで、私はその小さな巻物を御使いの手から受け取って食べた。
口には蜜のように甘かったが、それを食べてしまうと、私の腹は苦くなった。
10:11 すると私はこう告げられた。
「あなたはもう一度、多くの民族、国民、言語、王たちについて預言しなければならない。」

 

17:1 また、七つの鉢を持つ七人の御使いの一人が来て、私に語りかけた。
「ここに来なさい。
大水の上に座している大淫婦に対するさばきを見せましょう。

 

19:9 御使いは私に、「子羊の婚宴に招かれている者たちは幸いだ、と書き記しなさい」と言い、また「これらは神の真実なことばである」と言った。
19:10 私は御使いの足もとにひれ伏して、礼拝しようとした。
すると、御使いは私に言った。
「いけません。
私はあなたや、イエスの証しを堅く保っている、あなたの兄弟たちと同じしもべです。

神を礼拝しなさい。
イエスの証しは預言の霊なのです。」

 

21:9 また、最後の七つの災害で満ちた、あの七つの鉢を持っていた七人の御使いの一人がやって来て、私に語りかけた。
「ここに来なさい。
あなたに子羊の妻である花嫁を見せましょう。」

 

22:16 「わたしイエスは御使いを遣わし、諸教会について、これらのことをあなたがたに証しした。
わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である。」

 

 

 

 

天使論、サタン論、悪霊論(92022年9/24
Ⅸ.天使の働き
C.メシアの生涯における天使の働き

 

 

練馬桜台聖書フォーラム

代表 :南 知之

バックナンバー