練馬桜台聖書フォーラム

天使論、サタン論、悪霊論 レジュメ(5)2022年 7/2

2022.07.06

カテゴリー:お知らせ, 天使論、サタン論、悪霊論, 学び

天使論、サタン論、悪霊論
レジュメ(5
)2022年7/2

 

セラフィム

 

2010年フルクテンバウム博士セミナー『天使論、サタン論、悪霊論テキスト) を学んでいます。
ご購入はこちらから(CD8枚組)(MP3版)(テキストのみ
DVD8枚組は販売終了)

 

レジュメもくじ

前回のレジュメ

 

フルクテンバウム博士のメッセージを中川健一牧師がわかり易く通訳してくださったセミナーの内容を基に作成しています。

以下
青色の聖句はセミナーでとりあげられた聖句です。
(但し、ここでは新改訳2017を使用しています)
紫色の聖句は2回目の聖句または参考聖句
黒色の文章がセミナーの説明文

緑色の文章はHP編者による補足説明
茶色の文章はDr.Arnold G. Fruchtenbaum 『Messianic Bible Study Series』
MBS073 Angelology :  The Doctrine of the Elect Angels からの補足説明です。

興味のあるところはリンク先もご覧になってみてください。

 

 

天 使 論

イントロダクション
Ⅰ.天使の存在
Ⅱ.天使の名前
Ⅲ.天使の創造
Ⅳ.天使の数
Ⅴ.住まい、活動範囲、現れ
Ⅵ.天使の性質
Ⅶ.天使の本質
Ⅷ.組織
Ⅸ.天使の働き
Ⅹ.天使の運命

 

 

Ⅷ.組織

 

 

B. 天的存在の3つの階級

 

 

セミナーテキストの10ページ

2.セラフィム Saraphim

 


天的存在の第2階級はセラフィムだが聖書であまり頻繁には語られていない
イザヤ書 黙示録の2つの書でしか語られない

 

一般の天使の上にいるのがセラフィム

へブル語セラフの複数形

特徴は翼を6つ持っている

旧約ではイザヤ書6章のみ

黙示録に入ると何箇所かにでてくる

 

意味:燃えているもの

 

全く同じ語が旧約聖書で蛇と訳されている(セラフィムとの関係はない)

 

21:8 すると【主】はモーセに言われた。「あなたは燃える蛇 a fiery serpent を作り、それを旗ざおの上に付けよ。
かまれた者はみな、それを仰ぎ見れば生きる。」

 

イザ 14:29 「喜ぶな、ペリシテの全土よ。
おまえを打った杖が折られたからといって。
蛇の根 the serpent’s root からまむしが出て、
その実は、飛び回る燃える蛇 a fiery flying serpent となるのだから。

 

イザ 30:6 ネゲブの獣についての宣告。
「苦難と苦悩の地を通り、
雌獅子や雄獅子、
まむしや、飛び回る燃える蛇 fiery flying serpent のいるところを通り、
彼らはその財宝をろばの背に載せ、
宝物をらくだのこぶに載せて、
役にも立たない民のところに運ぶ。

 

 

 

 

 

a. イザヤ書の中で

 

 

イザ:2~3
イザ 6:2
セラフィム seraphim がその上の方に立っていた。
彼らにはそれぞれ六つの翼があり二つで顔をおおい二つで両足をおおい二つで飛んでいて、6:3 互いにこう呼び交わしていた。
「聖なる、聖なる、聖なる、万軍の【主】。
その栄光は全地に満ちる。」

 

神の御座に近づいて私が見渡す限り見たとするならば御座を取り囲んでセラフィムたちがいる

 

(下位の)天使は翼を持たないが
六つの翼を持っている

2つの翼の3対の各対は異なる目的と機能をもち
ぶ為に使うのは二つだけ
二つの翼で顔をおおっている
神の前における謙遜を表す
二つの翼で足をおおっている
神のみわざをする使命を帯びているという姿勢を表す

 

互いに神をほめたたえる言葉を言い交わしている

彼らが伝えているメッセージの中心は神が聖なるお方であるということ

 

彼らの言葉は聖なる、聖なる、聖なる、万軍の【主】 地はその恵みで満ちている その栄光で満ちていると語っている

 

 

 

イザ6:6~7
イザ 6:6 すると、私のもとにセラフィムのひとりが飛んで来た。

その手には、祭壇の上から火ばさみで取った、燃えさかる炭があった。
6:7 彼は、私の口にそれを触れさせて言った。
「見よ。これがあなたの唇に触れたので、
あなたの咎は取り除かれ、
あなたの罪も赦された。」


イザヤの罪を浄化する
イザヤはセラフィムの飛ぶ姿を見た時に自分がくちびるの汚れた者であると認識している
その時にセラフィムのひとりつまりセラフ(単数形)が祭壇から燃える炭火を持ってきてイザヤのくちびるに触れている

 

 

 

 

b. 黙示録の中で

 

セラフィムは8つの異なる聖句で言及されている

 

第1の章句

黙示録4:6~11
黙 4:6 御座の前は、水晶に似た、ガラスの海のようであった。

そして、御座のあたり、御座の周りに前もうしろも目で満ちた四つの生き物がいた。
and in the midst of the throne, and round about the throne, four living creatures full of eyes before and behind
4:7 第一の生き物獅子のようであり、
And the first creature was like a lion,
第二の生き物雄牛のようであり、
and the second creature like a calf,
第三の生き物人間のような顔を持ち、
and the third creature had a face as of a man,
第四の生き物飛んでいる鷲のようであった。
and the fourth creature was like a flying eagle.
4:8 この四つの生き物には、それぞれ六つの翼がありその周りと内側は目で満ちていた。
And the four living creatures, having each one of them six wings, are full of eyes round about and within:
そして、昼も夜も休みなく言い続けていた。
and they have no rest day and night, saying,
聖なる、聖なる、聖なる、
主なる神、全能者。
昔おられ、今もおられ、やがて来られる方。」
Holy, holy, holy, is the Lord God, the Almighty, who was and who is and who is to come.
4:9 また、これらの生き物 the living creatures が栄光と誉れと感謝を、御座に着いて世々限りなく生きておられる方にささげるとき、4:10 二十四人の長老たち the four and twenty elders は、御座に着いておられる方の前にひれ伏して、世々限りなく生きておられる方を礼拝した。
また、自分たちの冠を御座の前に投げ出して言った。
4:11 「主よ、私たちの神よ。
あなたこそ
栄光と誉れと力を受けるにふさわしい方。
あなたが万物を創造されました。
みこころのゆえに、それらは存在し、
また創造されたのです。」

セラフィムがでてくるがイザヤ書にはない新しい情報が付け加わっている

 


イザヤ書にあったとおり彼らは神の御座の周りにいる

 

6節
新しい情報は前もうしろも目で満ちていという部分
神の託宣を実行できるために人間の領域をはるかに超えて見ることができることを象徴する

 

8節
全員が翼は六つ持っている

 

7節
の表情が異なっている

セミナーテキストの11ページ

或る者は獅子の顔を持つ
獅子:百獣の王と言われる

或る者は雄牛の顔を持つ
雄牛:家畜の王様

或る者はの顔を持つ
鷲:鳥類の王様

或る者は人間の顔
人間:被造世界の冠

 

8節
その周りと内側は目で満ちていた。
前とうしろも目で満ちていると言及したが 周りと内側 至る所が目で満ちている

 

8,9節
イザヤ書にあるように黙示録でも彼らは神をたたえ聖なる聖なる聖なるかなと叫んでいる
彼らは休みなく神を賛美する

 

10,11節
その賛美と同時に二十四人の長老たちが神をたたえ始めている
御座に着いておられる方 父なる神を礼拝すべき24人の長老たちへの合図となる

 

 

第2の章句
黙示録5:6
黙 5:6 また私は、御座と四つの生き物 the four living creatures の真ん中、長老たちの真ん中に、屠られた姿で子羊が立っているのを見た。
それは七つの角と七つの目を持っていた。
その目は、全地に遣わされた神の七つの御霊であった。

彼らはまた神の子羊の周りにいる
父なる神を囲んでいるが御子なる神をも囲んでいる

 

 

第3の章句
黙示録5:8~10
黙 5:8 巻物を受け取ったとき四つの生き物と二十四人の長老たちは子羊の前にひれ伏した。
彼らはそれぞれ、竪琴と、香に満ちた金の鉢を持っていた。
香は聖徒たちの祈りであった。
5:9 彼らは新しい歌を歌った。
「あなたは、巻物を受け取り、
封印を解くのにふさわしい方です。
あなたは屠られて、すべての部族、言語、民族、国民の中から、
あなたの血によって人々を神のために贖い、
5:10 私たちの神のために、彼らを王国とし、
祭司とされました。
彼らは地を治めるのです。」

子羊が7つの封印巻物を取ときセラフィムは子羊を礼拝する
封印を解くことで患難が始まる

 

 

第4の章句
黙示録6章
黙 6:1 また私は、子羊が七つの封印 the seven seals の一つを解くのを見た。
そして、四つの生き物の一つ one of the four living creatures が、雷のような声で「来なさい」と言うのを聞いた。

黙 6:3 子羊が第二の封印を解いたとき、私は、第二の生き物 the second living creature が「来なさい」と言うのを聞いた。

黙 6:5 子羊が第三の封印を解いたとき、私は、第三の生き物 the third living creatureが「来なさい」と言うのを聞いた。
私は見た。
すると見よ、黒い馬がいた。
これに乗っている者は秤を手に持っていた。

黙 6:7 子羊が第四の封印を解いたとき、私は、第四の生き物 the fourth living creatureの声が「来なさい」と言うのを聞いた。

7つのさばきの最初の4つのさばきが告知される

セラフは特定の封印のさばきを宣言する

 

 

第5の章句
黙示録7章
黙 7:11 御使いたちはみな、御座と長老たちと四つの生き物の周りに立っていたが、御座の前にひれ伏し、神を礼拝して言った。
7:12 「アーメン。賛美と栄光と知恵と
感謝と誉れと力と勢いが、私たちの神に
世々限りなくあるように。アーメン。」

彼らは大患難時代に救われる者たちの故に神をたたえるようになる
この章で14万4千人のユダヤ人が救われ無数の異邦人も救われるようになる

 

 

第6の章句
黙示録14:3
黙 14:3 彼らは御座の前と、四つの生き物および長老たちの前で、新しい歌を歌った。
しかし、地上から贖われた十四万四千人のほかは、この歌を学ぶことができなかった。

千年王国で十四万四千人のユダヤ人たちが賛美している声をセラフィムは聞いている

 

 

第7の章句
黙示録15:7
黙 15:7 また、四つの生き物の一つが、七人の御使いたちに七つの金の seven golden bowls を渡したが、それには世々限りなく生きておられる神の憤りが満ちていた。

セラフィムの一人が七つののさばき」最も厳しいさばきを7人の天使に渡す

 

 

第8の章句
黙示録19章
黙 19:4 すると、二十四人の長老たちと四つの生き物はひれ伏して、御座に着いておられる神を礼拝して言った。
「アーメン。ハレルヤ。」
19:5 また、御座から声が出て、こう言った。
「神のすべてのしもべたちよ、
神を恐れる者たちよ、
小さい者も大きい者も
私たちの神を賛美せよ。」

神への礼拝を導いている

 

 

 

 

 

今見たセラフィムに関する聖句を総合し結論を導きたい

c. 結論

 

セミナーテキストは8までだが実際は
イザヤ書と黙示録の聖句から10の推論をあげたい

 

① 6つの翼がある

 

② セラフィムは獅子 雄牛 人間 鷲のいずれかの顔
4種類の顔

 

テキストで①とあるところ
③ 父なる神と子なる神とを絶えず礼拝する

 

④ 謙遜
2つの翼が両足を2つの翼が顔を覆うために使われることから目に見える形で説明できる
彼らが神の前に立っていて父なる神の座を囲んでいるから

 

⑤ 神のしもべが神を礼拝し神に仕えるために 彼らをきよめる 
イザ 6:6 ~7 上述

 

⑥ 天での礼拝を導く
彼らが「聖なる、聖なる、聖なる、」という時 24人の長老など天の他の住人たちも神を礼拝し始める

 

セミナーテキストの12ページ

⑦ 関心事の中心は神の聖なることと礼拝

 

⑧ 神をたたえ 神の聖なることを宣言する
3回 その宣言が行われるわけ
三位一体の 父 子 聖霊 は全て聖いから

 

⑨ 人間はきよめられる必要があることを宣言する
きよめは常に血によって行われ 現代はメシアの血による

 

⑩ 大患難時代にさばきの為の器として用いられる
神はご自分の怒りを地上に注ぐためにセラフィムを用いられる

 

 

 

 

 

天使論、サタン論、悪霊論(62022年7/16
Ⅷ.組織
B. 天的存在の3つの階級 (つづき)
3.ケルビム(前半)

 

練馬桜台聖書フォーラム

代表 :南 知之

バックナンバー