練馬桜台聖書フォーラム

八つの契約レジュメ もくじ

2021.02.19

カテゴリー:もくじ, 八つの契約, 学び

練馬桜台聖書フォーラム
八つの契約レジュメ もくじ
(1)2019年9/14~(28)2021年1/16
 

 

2002年フルクテンバウム博士セミナー
聖書の八つの契約テキスト)より
CD9枚組)(MP3版)(テキストのみ

 

八つの契約 レジュメ(1) 2019年9/14
はじめに
ディスペンセーション、ディスペンセーショナリズム、八つの契約を学ぶ目標、重要性、フルクテンバウム先生紹介

A.契約のタイプ
1.条件付き契約  If you will, then I will
エデン契約
モーセ契約

2.無条件契約  I will
アダム契約
ノア契約
アブラハム契約
土地の契約
ダビデ契約
新しい契約

B.イスラエルとの契約
5つの特徴

(申14:4~14:8 マタ10:5~10:10 出エ31:15 レビ23:3 エレ17:22)
2テモ2:15 ロマ9:4 エペ2:11~12

 

八つの契約 レジュメ(2) 2019年9/28
Ⅰ.エデン契約
THE EDENIC COVENANT


聖句
創1:28~30 創2:15~17 ホセ6:7

A.エデン契約に与る者
神とアダム(全人類を代表)

B.エデン契約の条項
①人類が増え広がるよう
②物質世界の管理
③動物世界の支配
命名
④菜食
⑤労働
⑥一つの禁止事項
⑦死
霊的な死

C.エデン契約のディスペンセーション
無垢の時代」
the Dispensation of Innocence
契約の破棄
サタンの誘惑
エバの罪とアダムの罪 

創1:28~30 創2:15~17 ホセ6:7 エゼ28:11~19 創1:2 創1:3 創3:1~5 創3:6と1ヨハ2:16 創3:7~8 2コリ11:3 1テモ2:14 ロマ5:12~21 1コリ15:20~23 

 

八つの契約 レジュメ(3) 2019年10/26
エデン契約Q&A
1.神学的に違う立場は
契約神学
2.サタンの堕落、創1:1~1:2のギャップセオリーはメシアニックジューの理解?
3.サタンの堕落以前の自然界は
鉱物のエデンの園、悪霊、ギャップセオリー
4.地を支配する権威は再びサタンに?
千年王国は植物のエデンの園の回復
5.人は罪を犯す可能性もある完璧性で創られたことへのユダヤ的視点は
6.善悪の知識の木
7.1テモ2:14
8.終わったはずのエデン契約の条項に今も継続しているように見えるのがあるのは

(エペ4:13) エゼ28:11~15 創1:1~2 黙12:3~4 イザ45:18 1テモ2:14 

 

 

八つの契約 レジュメ(4) 2019年11/9
Ⅱ.アダム契約
THE ADAMIC COVENANT

 

聖句
創3:14~29


A.アダム契約に与る者
神とアダム(全人類を代表) 

B.アダム契約の条項

1.蛇に対して
①どんな動物よりも呪われる
②腹ばいで動く呪い
③最も呪いを受けた生き方をする

2.サタンに対して
原福音、罪について、救いについて
①サタンと女性の間に敵意を置く
②サタンの子孫と女性の子孫の間に敵意を置く
子孫、女の子孫、反キリスト
③サタンはメシアを傷つける
④メシアはサタンの頭を踏み砕く
サタンの策略

創3:14~29 創9:5 (ルカ7:17 イザ65:25) イザ7;14 2テサ2 へブ2:14~15 ロマ16:20 黙20:10 (創6) 

 

八つの契約 レジュメ(5) 2019年11/23
3.エバに対して
①妊娠に伴う痛み
②出産の苦しみ
③夫の支配、夫に対して反抗したくなる気持ち

4.アダムに対して
①堕落はアダムに責任
②地は呪われた
③菜食
④苦役
⑤肉体の死

C.アダム契約のディスペンセーション
良心の時代
the Dispensation of Conscience

アダム契約Q&A
神の子と人の娘の結婚について
ネフィリム 悪魔の人類破滅計画

創3:16~19 ロマ8:20~22 ロマ5:12~21 創6:2、4

 

 

八つの契約 レジュメ(6) 2019年12/14
Ⅲ.ノア契約
THE NOAHIC COVENANT

 

聖句
創9:1~17

 

A.ノア契約に与る者
神とノア(全人類⦅ノアの子孫⦆の代表)

B.ノア契約の条項
①人類が増え広がるよう 地に対する権威はサタンに奪われた
②動物世界の支配 人への恐れが動物に
③肉食の許可
④ただし血を食すことは禁止
⑤死刑 行政機関を要求

C.ノア契約の約束
洪水で世界を滅ぼすことはない

D.ノア契約のしるし


E.ノア契約のディスペンセーション
人間による統治の時代
the Dispensation of
Human Government

創9:1~17 ①創9:1 創9:7 (創1:28) ヨハ12:31 Ⅱコリ4:4 ルカ4:6 黙13章 ②創9:2 ③創9:3 (創3:21 4:2b 4:4 4:20b 8:20) ④創9:4 ⑤創9:5~6 C.創9:8~11 Ⅱペテ3:10 イザ24:5 (創9:16) イザ24:6 (創7:11、12、24 8:2) イザ24:18 

 

八つの契約 レジュメ(7) 2020年1/11
ノア契約Q&A
1 患難時代に異邦人がさばきを受けるベースについて
2 ノア契約違反とは、料理に関して
3 反キリストの誕生について(アダム契約)
4 天使は結婚しないのでは(アダム契約)
5 ネフィリムに霊はあるのか(アダム契約)
6 ノア契約違反とは、具体的に
7 地上の統治権について
8 「ノアの日のよう」だとは
9 天の窓とは
10 反キリストはパレスチナ問題を解決すると聞くが(アダム契約)
11 草食から肉食になるのは何故
12 ノアの洪水以前に雨はなかったのか
13 「雲の中に」虹がでるとは
14 どこから見た虹
15 蛇と土地は「のろわれる」が、アダムとエバについてその言葉はでてこない(アダム契約)
16 黙示録20章の「古い蛇」と創3章の蛇は同じか(アダム契約)
17 箱舟がキリストの予表と聞くが
18 ノア契約からアブラハム契約にどう続くのか

(ロマ2:14~15) マタ22:23~30 (マタ24:37 ルカ17:26 創7:11 8:2 イザ24:18 創9:13,14,16 創3:14,17 創3:17~19  創3:16 黙20:2

 

 

八つの契約 レジュメ(8) 2020年1/28
Ⅳ.アブラハム契約
THE ABRAHAMIC COVENANT

聖句
創12:1~3 12:7
13:15~17
15:1~21
17:1~21
22:15~18

 

A.アブラハム契約に与る者
神とアブラハム
(イスラエル人、ユダヤ民族の代表)

B.アブラハム契約のしるし
割礼

創12:1~3 12:7 13:15~17 15:1~21 17:1~21 22:15~18 

 

八つの契約 レジュメ(9) 2020年2/8
C.アブラハム契約の条項
①アブラハムから大いなる国が誕生する
②土地の約束
③アブラハムへの祝福
④アブラハムは大いなる者となる
⑤アブラハムは他の者にも祝福となる
⑥アブラハムを祝福する者は祝福される
⑦アブラハムを呪う者は呪われる
⑧アブラハムをとおしてすべての民族は祝福される
⑨サラをとおして一人の息子が与えられる
⑩子孫はエジプトで奴隷生活をする
⑪イスラエル以外の国民もアブラハムからでる
⑫アブラムの名がアブラハムへ
⑬サライがサラへ
アブラハムへの条項 子孫イスラエルへの条項 異邦人への条項
メシアはユダヤ民族から

D.他の契約を生み出す基礎
土地 パレスチナ契約
子孫 
ダビデ契約
祝福 
新しい契約
タイミング

E.追認、確認
1.イサクに
2.ヤコブに
3.ヤコブの息子たちに
ユダヤ性の定義


①創10:1~2、32 12:2a 13:16 15:5 17:1~2、7 22:17b ②12:1 12:7 13:14~15 13:17 15:17~21 17:8 ③12:2b ④12:2c ⑤12:2d ⑥12:3a ⑦12:3b ⑧12:3c 22:18 ⑨15:1~4 17:16~21 ⑩15:13~14 ⑪17:3~4 17:6 ⑫17:5 ⑬17:15
創17:9~14

1.創26:2~5 26:24 2.創28:13~15 3.創49:1~33

 

八つの契約 レジュメ(10) 2020年2/22
F.アブラハム契約のディスペンセーション
約束の時代
the Dispensation of Promise

最終的な成就は御国の時代

出エ2:23~25 出4:24~26 創17章 出6:2~8 出32:11~14 申34:4 Ⅱ列王13:22~23 Ⅰ歴代16:15~19 Ⅱ歴代20:7~8 ネヘ9:7~8 詩105:7~12 ルカ1:54~55 ルカ1:68~73 ガラ3:15~18 へブ6:13~20 マタ22:23~33 イザ26:19 ヨブ19:25~26 ダニ12:2 出エ3:6 (へブ11:17~19) マタ8:11~12 使徒26:6~8 レビ26:40~42 

 

八つの契約 レジュメ(11) 2020年3/23
アブラハム契約のQ&A
1.出4:25は第二子?
2.「血の花婿」とは
3.割礼はなぜ八日目
4.八日目でなくても神は受け入れる?
5.「御国の子ら」とは
6.「御国の時代」とは
7.イサクを捧げなかったら
8.アブラムが示された地に行かなかったら
9.イエス以前の異邦人の救いは
10.福音を聞かずに死んだ人の救いは /福音の三要素/
11.創26:5 無条件契約が条件契約のようにみえるが
12.  イサク、ヤコブ以外の子孫は異邦人?
13.アブラハム契約は救い?
14.イスラエルを祝福する者は祝福されるとは
15.封印の意味は
16.イスラエル人以外の割礼は
17.割礼をみると条件契約のようにみえるが
18.創22:19 戻ったのはアブラハム一人?
19.なぜアブラハムが選ばれた

出エ4:25 出18:3~4 出4:26 マタ8:11~12 創12:1~2 (イザ43) /Ⅰコリ15:3~4/ 創26:5 (ヨハ14:6 使徒4:12) 創22:19a  22:13~19

 

 

八つの契約 レジュメ(12) 2020年4/11
Ⅴ.モーセ契約
THE MOSAIC COVENANT

聖句
出エジプト20章~申命記28章

 

A.モーセ契約に与る者
神とイスラエル

B.モーセ契約の中心的条項(1/3)
 モーセの律法十戒だけでなく613の命令すべて 
2 従うなら祝福、不従順なら呪い  


C.モーセ契約の中心的要素 

 血を流す犠牲のささげもの
ヘブル語の贖いの意味
/福音の三要素/

出エ19:3~8 申4:7~8 詩147:19~20 マラ4:4 出エ24:1~11 出15:26 出19:3~8 レビ17:11 (レビ7:37~38) へブ10:1~4 (Ⅰコリ15:3~4)

受難週とイースターメッセージ(ヨハ19:30 ルカ24:6)

 

八つの契約 レジュメ(13) 2020年4/25
B.モーセ契約の中心的条項(2/3)
4 食物規定
5 死刑
6 割礼

(創1:29~30 創2:17 創3:18 創9:3~4 レビ11:1~30)
(創9:5~6 レビ20:10~21 レビ20:1~5 レビ20:9 レビ20:6~8、27 Ⅰサム28:9)
(創17:10~12) レビ12:3 ガラ5:3

 

八つの契約 レジュメ(14) 2020年5/9
7 安息日
1)モーセ契約のしるし
2)モーセの時代以降イスラエルに与えられた
3)休息をする日
4)教会に適用されるものではない
5)モーセ契約が終われば終わる
(永遠について)

出エ31:12~17 申5:12~15 エゼ20:10~12 エゼ20:20 創2:2,3 ヨブ記 出エ16:23~30 出エ20:8~11 出エ16:29 出エ35:3 民15:32 エレ17:21 アモ8:5 ネヘ10:31 13:15 13:19 レビ23:3
(出31:16~17) 

 

八つの契約 レジュメ(15) 2020年5/23
モーセの律法の目的(1/2) 
1.との関係 どれほど聖いお方で、救いのためにはどれほどの義を要求しているか
2.イスラエルとの関係
①区別された民の位置づけ 食物規定 衣服 上着の四隅 髭
②いかに生きるべきかの原則
③礼拝の枠組み (主の例祭)

1.ロマ3:20 3:28 ガラ2:16 3:11 3:21 
2.レビ19:1~2 19:37 Ⅰペテ1:15~16 ロマ7:12 
①レビ11:44~45(39~) 申7:6 14:1~2 レビ19:19 (申22:12) レビ19:27 
②レビ20:7~8 20:26 詩119:77、97、103、104、159 ロマ3:28 
③(出23:14~17 申16:16 出12:1~14 マタ26:1~2 レビ23:15,16~21 使2:1 レビ23:33 ヨハ7:2,8~10 ゼカ14:16~19 出12:15 Ⅰコリ5:7~8 Ⅰヨハ1:9 出12:15 レビ23:9~14 Ⅰコリ15:20 レビ23:23~25 Ⅰテサ4:13~18 レビ23:27 詩110:4) 

八つの契約 レジュメ(16) 2020年6/13
3.異邦人との関係
隔ての中垣
4.との関係
①罪とは何かを教える
②もっと罪を犯したくなる
③律法により救いを達成するのは不可能と知る
④信仰によってしか救われないという真理に導く

3.エペ2:11~16
4.ロマ7:7~8:4 ロマ3:19~20 ガラ3:19 ロマ7:7 ロマ4:15 ロマ5:20 ロマ7:7 ロマ7:8~11(14) Ⅰコリ15:56 ロマ7:12~25 ロマ8:1~4 ガラ3:24~25 

 

八つの契約 レジュメ(17) 2020年6/27
D.モーセ契約のディスペンセーション(1/2)
律法の時代
the Dispensation of
Law

出エ20章から使徒2章
メシアの十字架の死により終わった
祭司職はレビからメルキゼデクへ

ヤコ2:10 ロマ7:5~6 ロマ10:4 ガラ3:15~19 ガラ3:23~4:7 エペ2:11~18 へブ7:11~18 詩110 Ⅱコリ3:2~11 (ガラ6:2 ロマ8:2)

 

八つの契約 レジュメ(18) 2020年7/11
D.モーセ契約のディスペンセーション(2/2)
私たちは

モーセ契約Q&A
1.ユダヤ人は安息日にシナゴーグで礼拝しているが
2.捧げものの動物と食べる動物の区別は
3.捧げものの動物の飼育は
4.新約で日曜に教会に行くことは
5.今は新約だけ学べばいい?
6.親孝行すると長寿になる?

へブ8:1~13 エレ31:31~34 へブ8:13 ロマ6:14 ロマ7:4,6 ガラ5:18 
出エ20:12 (エペ6:1)

 

 

八つの契約 レジュメ(19) 2020年8/22
Ⅵ.土地の契約
THE LAND COVENANT

聖句
申命記29~30章
パレスチナということば

A契約に与る者
神とイスラエル

B.土地の契約の条項
①世界離散の預言
②国家として主に立ち返る
③メシアの再臨
④イスラエルの民は再び帰還する
⑤約束の地を所有する
⑥子孫も全て信者になる
⑦完全な祝福を受ける

 

土地の契約Q&A
アブラハム契約により約束の地の所有権は無条件
モーセ契約により占有権は従順が条件

申29:1 ①申29:2~30:1 ②申30:2 ③申30:3a ④申30:3b~4 ⑤申30:5 ⑥申30:6
申30:7 ⑦申30:8~10(20)


八つの契約 レジュメ(20) 2020年9/12
C.土地の契約の追認
エゼ16章


土地の契約Q&A

1.ディスペンセーションは
2.モーセ契約の更新では
(約束の地の境界線)

エゼ16章 (創12、13,15,17,26,28,35:12 ヨシ13~21 エゼ47:13~48:29 民31~36 民34:2~12 申1:6~8)

 

 

八つの契約 レジュメ(21) 2020年9/26
Ⅶ.ダビデ契約
THE DAVIDIC COVENANT

 

聖句
Ⅱサム7:11b~16 Ⅰ歴代17:10b~14

 

A.ダビデ契約に与る者
神とダビデ(ダビデの家、王朝の代表)

B.ダビデ契約の条項
①ダビデに永遠の王朝を約束
②ダビデ家の子孫は存続
③ソロモンが神殿を建てる
④ダビデ王国の王座は永遠
⑤ソロモンは罪を犯し罰を受けても恵みは取り去られない
⑥メシアはダビデの家系から
⑦王座、家、王国はメシアにより永遠

メシアは「女の子孫」から→「ユダヤ民族」から→「ユダ部族」から→「ダビデの家系」から
エコンヤ フォーラム感想

Ⅱサム7:11b~16 Ⅰ歴代17:10b~14 ①Ⅱサム7:11b Ⅱサム7:16 Ⅰ歴代17:10b ②Ⅱサム7:12 ③Ⅱサム7:13a ④Ⅱサム7:13b Ⅱサム7:16 ⑤Ⅱサム7:14~15 ⑥Ⅰ歴代17:11 ⑦Ⅰ歴代17:12~15
創49:10 

 

八つの契約 レジュメ(22) 2020年10/10
C.ダビデ契約の追認 

Ⅱサム23:1~5 詩89:1~52 イザ9:6~7 イザ11:1 エレ23:5~6 エレ30:8~9 エレ33:14~17 エレ33:19~26 エゼ37:24~25 ホセ3:4~5 アモ9:11 ルカ1:30~35 ルカ1:68~70 使徒15:14~18

 

八つの契約 レジュメ(23) 2020年10/24
ダビデ契約のQ&A(1/2)

1.ダビデの子孫は自分がそうだと知っているのか
2.特別な祝福があるのか
3.ユダヤ人は自分が何部族出身か知っているのか
4.イエスの再臨の条件のイスラエルの悔い改めとはイスラエル人全員?
5.イスラエルの建国はパレスチナ契約の成就?
6.イスラエルへの約束が完全に成就するのはいつ
7.出エ20:12の長寿の約束は無効か
8.安息日について
9、帰還してくるユダヤ人の確認は
10.ダビデ家の確認は
11.土地を買って帰還することを正統派が反対するとは
12.千年王国でダビデがキリストとともに治めるのは
13.ネフィリムはカナンの地にいたのか
14.イスラエルへのみことばを自分に適用することは
15.アダムの歳は
16.中間時代、信仰の継承はどのように
17.イエスの子孫は今もいるのか
18.ダビデ家の子孫とはクリスチャンのことか
19.パレスチナ契約とパレスチナ問題の関わりは
20.ダビデの家系が滅びなかったのはダビデ契約が無条件契約だからか
21.ダビデの家系は何をしてもよかったのか
23.呪いの断ち切りの祈りについて
24.カトリック教会について
25.不信仰での帰還について
26.パレスチナ国家建設について
27.ユダヤ人は再度離散するのか

(Ⅰ歴代3:1~9 出エ20:12 Ⅰペテ2:9 へブ7:12 民13:33 民13:30~32 Ⅰ列王19:18 ロマ8:29 創16:15 創17:20 創25:18 Ⅱサム7:14、15) 出エ20:5 エゼ20:33~38 マタ24:15~20 黙12:6 黙12:13~17 

 

八つの契約 レジュメ(24) 2020年11/14
ダビデ契約のQ&A(2/2)
28.天地が過ぎゆくとも我がことば過ぎることなしとあるが律法は終わるのか
29.存続し続けるダビデの子孫とはクリスチャンのことか
31.教会は霊のイスラエルではないの?

(マタ24:35 マル13:31 ルカ21:33 マタ5:18 ルカ16:17 ほか) ロマ2:28~29 ロマ1:18~3:20 ピリ3:3  

 

 

八つの契約 レジュメ(25) 2020年11/28
Ⅷ.新しい契約
THE NEW COVENANT


聖句
エレ31:31~31:34

A.新しい契約に与る者
神とイスラエル

B.新しい契約の条項
①イスラエルとの無条件契約
②モーセ契約とは異なる
③イスラエルの霊的再生を約束
④霊的再生は全てのユダヤ人を含む
⑤罪の赦しを約束
⑥聖霊の内住を約束
⑦イスラエルの物質的祝福を約束
⑧聖所の再建
⑨キリストの律法

エレ31:31~31:34 イザ59:21 イザ61:9 エゼ36:27 詩51 エレ32:41 イザ61:8 エゼ34:25~31 エゼ37:26~28 ガラ6:2 ロマ8:2 

 

八つの契約 レジュメ(26) 2020年12/12
キリストの律法
定義
混乱
(1)モーセの律法と同じものが沢山ある
(2)モーセの律法と全く違うものがある
(3)モーセの律法より強く命令されているものがある
(4)新しい動機づけ
復習、聖句、重要性

ロマ14:5 コロ2:16 マル7:19 ロマ14:20 レビ19:18 ヨハ15:12 
(ヨハ14:15 14:21 14:23)
イザ55:3 エレ32:40 エゼ16:60 ロマ11:25~27 

 

八つの契約 レジュメ(27) 2020年12/26
C.教会と新しい契約との関係
混乱、置換神学、partaker、新しい一人の人、オリーブの木

マタ26:28 マル14:24 ルカ22:14~20 1コリ11:25 2コリ3:6 へブ7:22 へブ8:6~13 へブ9:15 へブ10:16~29 へブ12:24 へブ13:20 エペ2:11~16 エペ3:5~6 ロマ11:16~24

 

八つの契約 レジュメ(28) 2021年1/16
異邦人の責任:
霊的祝福に与ったのだから物質的なものでユダヤ人にお返しをする義務がある

D.新しい契約の恩恵に与る者
1.救いの土台であるメシアの血潮で契約締結され
2.イスラエルに関して条項が成就した時に「新しい契約」は完成する
3.教会により成就されるのではない
4.教会は霊的祝福にのみ参加

E.新しい契約のディスペンセーション
教会にとって 恵みの時代
the Dispensation of Grace

イスラエルにとって 御国の時代
the Dispensation of
the Kingdom
(統治原則)

ロマ15:25~27 へブ8章~10章 
(2コリ3:3~3:11 へブ8:8~8:12 1コリ6:19~20 イザ11:3~4 イザ29:20~29:21 ゼカ14:16~14:19)

 

 

中川健一牧師著『ディスペンセーショナリズムQ&A書籍のみ1528円)(CD5枚組書籍付き3000円を是非どうぞ

アーノルド・フルクテンバウム博士著 中川健一監訳/佐野剛史訳『イスラエル学-組織神学の失われた環-THE MISSING LINK IN SYSTEMATIC THEOLOGY(書籍)(電子書籍) もぜひどうぞ

 

練馬桜台聖書フォーラム

代表 :南 知之

バックナンバー