練馬桜台聖書フォーラム

千年王国レジュメ(19)2018年 6/23

2018.06.23

カテゴリー:千年王国, 学び

千年王国レジュメ(19)2018年6/23

 

御国の最後に人類最大の敵である死がなくなり、父なる神がすべてのすべてとなられる

数々の書物  大きな白い御座の裁き

不信者も肉体の復活があるがその後永遠の火の池に

 

 

2013年フルクテンバウム博士セミナー『聖書は千年王国について何を教えているか』テキスト) を学んでいます。
ご購入はこちらから(CD8枚組)(DVD8枚組)(MP3版)(テキストのみ

 

 

レジュメもくじ
前回のレジュメ(18)

 

 

フルクテンバウム博士のメッセージを中川健一牧師がわかり易く通訳してくださったセミナーの内容を基に作成しています。

以下、青色の聖句はテキストでみていく聖句です。
紫色の聖句は2回目にでてきた聖句または参考聖句です。
黒色の文章がセミナーの説明文です。

緑色の聖句や文章は補足説明で
茶色の文章はフルクテンバウム博士著『The Footsteps of The Messiah』第21章 御国以降 からの補足説明です。

興味のあるところはリンク先もご覧になってみてください。

 

 

セミナーテキスト57ページ

Ⅵ.メシア的王国の終わり
The Aftermath

 

メシア的王国は一千年間続きます。
しかし、終わりがきます。

 

 

A.サタンの解放と最後のイスラエルへの侵略
The Loosing of Satan and the Final Invasion of Israel

 

サタンの束縛は期限付きで、最終的には解放されます。

黙示録20:7〜10

黙 20:7 しかし千年の終わりに、サタンはその牢から解き放され
サタンが牢サタンの5番目のすみか アビスから解き放たれます。

 

 

20:8 地の四方にある諸国の民、すなわち、ゴグとマゴグ the nations which are in the four corners of the earth, Gog and Magogを惑わすために出て行き、戦いのために彼らを召集する。
彼らの数は海べの砂のようである。
サタンはこれまでもしてきたように(異邦人諸国を)惑わす働きをします。

 

この時点、つまり千年王国の最後の世紀は、生まれた者に未信者が多く存在しています。
その未信者たちをサタンが集めて、神に敵対する最後の戦いを繰り広げます。
これはいわば若者たち、全員が100歳以下ですから、の運動です。

ゴグとマゴグという表現は、エゼキエル38:1〜39:16に描かれる患難期に先立って起こるイスラエルへの侵攻、との類似性をほのめかします。

エゼキエルの預言以降イスラエルに攻めてくる侵略者をゴグ、マゴグ、という表現で呼ぶようになりました。「ルビコン川を越えた」「ワーテルローの戦い」のように、象徴的な意味を帯びるようになったということです。

 

20:9 彼らは、地上の広い平地に上って来て、聖徒たちの陣営と愛された都とを取り囲んだ。
すると、天から火が降って来て、彼らを焼き尽くした。
サタンの欺きの結果、世界大の反乱がおこり始めます。

しかし、異邦人の軍勢が千年王国のエルサレムを包囲した時に天からの火がくだり、彼らは瞬時に焼き尽くされます。

 

セミナーテキスト58ページ

20:10 そして、彼らを惑わした悪魔 the devil 火と硫黄との池 the lake of fire and brimstone に投げ込まれた。
そこは the beast も、にせ預言者 the false prophet もいる所で、彼らは永遠に昼も夜も  day and night for ever and ever 苦しみを受ける。
サタンは火と硫黄との池に投げ込まれます。

そこには既に先(千年前)にそこに着いているものがいます。
反キリストとにせ預言者です。
ここがサタンの永遠の住まいとなり、サタンの活動はここに終わります
その時にようやく死というものが最終的に敗北をします。

 

 

セミナーテキスト58ページ

死の敗北
権威の移譲
第一コリント15:24〜28

Ⅰコリ 15:24 それから終わりが来ます。
そのとき、キリストはあらゆる支配と、あらゆる権威、権力を滅ぼし、国を父なる神にお渡しになります。

人類の全ての敵が撲滅され、神の支配、権威、権力に対する挑戦が皆無となった時にはじめて、王国の権力と権威は父なる神に引き渡されます。

 

15:25 キリストの支配は、すべての敵をその足の下に置くまで、と定められているからです。

この理由により、メシアは敵が支配下に置かれるまで統治しなければなりません。

 

15:26 最後の敵である死も滅ぼされます。
The last enemy that shall be abolished is death.
人類の最後の敵はサタンではなくて死そのものです。

最初の両親を誘惑して人類に死をもたらしたのはサタンです。
死の創始者が最後のすみかに永遠に閉じ込められてはじめて、死は廃棄され得ます。

 

15:27 「彼は万物をその足の下に従わせた」からです。
ところで、万物が従わせられた、と言うとき、万物を従わせたその方がそれに含められていないことは明らかです。
15:28 しかし、万物が御子に従うとき、御子自身も、ご自分に万物を従わせた方に従われます。
これは、神が、すべてにおいてすべてとなられる God may be all in all ためです。

全てのものはメシアに従属し、こんどは父なる神への従属となります。
それは神が全てのすべてとなられるためです。

 

 

信者: 既に第一の復活において死は取り去られています。
不信者:未だ死ぬ状態にあったわけですが、第二の死を経験し、死という現象そのものがこれ以降存在しなくなります

 

 

 

 

 

B. 大きな白い御座の裁き
The Great White Throne Judgment

 

 

黙示録20:11〜12

黙 20:11 また私は、大きな白い御座 a great white throne と、そこに着座しておられる方を見た

この預言は御座に着座している方の幻を見たところから始まっています。

その方が誰であるか名前を挙げていません。

 

セミナーテキスト59ページ

ヨハネ5:22
ヨハ 5:22 また、父はだれをもさばかず、すべてのさばきを子にゆだねられました。

すべてのさばきがわたしに与えられているとイエスさまは言われましたから、この方とはメシアであるイエスであるとわかります。

 

地も天もその御前から逃げ去って、あとかたもなくなった。

創世記1章以降存在していた天と地逃げ去り、あとかたもなくなると記されてあります。

千年王国のために修復されたのにもかかわらず、人類の反乱により再び汚染してしまったので永遠に葬り去られます。

 

20:12 また私は、死んだ人々が、大きい者も、小さい者も御座の前に立っているのを見た。
そして、数々の書物 books が開かれた。
また、別の一つの書物 another book  も開かれたが、それは、いのちの書 the book of life であった。
死んだ人々は、これらの書物 the books に書きしるされているところに従って、自分の行いに応じてさばかれた。

さばきそのものが表現されています。

 

このさばきは救われている人とそうでない人を区別するさばきではありません。
救われているかどうかはその人が肉体の死を通過した瞬間に決まります。
このさばきとはさばきの程度を決める為のさばきです。
全ての時代の不信者は全員燃える火の池に投げ込まれますが、全員が同じ程度のさばきを経験するわけではありません。

 

 

 

 

1.    裁きの程度を決するための原則

 

マタイ11:20〜24
マタ 11:20 それから、イエスは、数々の力あるわざの行われた町々が悔い改めなかったので、責め始められた。
11:21 「ああコラジン。ああベツサイダ。
おまえたちのうちで行われた力あるわざが、もしもツロとシドンで行われたのだったら、彼らはとうの昔に荒布をまとい、灰をかぶって悔い改めていたことだろう。
11:22 しかし、そのツロとシドンのほうが、おまえたちに言うが、さばきの日には、まだおまえたちよりは罰が軽いのだ。
11:23 カペナウム。どうしておまえが天に上げられることがありえよう。
ハデスに落とされるのだ。おまえの中でなされた力あるわざが、もしもソドムでなされたのだったら、ソドムはきょうまで残っていたことだろう。
11:24 しかし、そのソドムの地のほうが、おまえたちに言うが、さばきの日には、まだおまえよりは罰が軽いのだ。」
耐え難いさばき、それよりも柔らかなさばきというのがあります。

 

ルカ12:47〜48
ルカ 12:47 主人の心を知りながら、その思いどおりに用意もせず、働きもしなかったしもべは、ひどくむち打たれます。
12:48 しかし、知らずにいたために、むち打たれるようなことをしたしもべは、打たれても、少しで済みます。
すべて、多く与えられた者は多く求められ、多く任された者は多く要求されます。
むち打たれる程度が大きい人と少ない人があると書かれています。

 

セミナーテキスト60ページ

ヨハネ19の11
ヨハ 19:11 イエスは答えられた。「もしそれが上から与えられているのでなかったら、あなたにはわたしに対して何の権威もありません。
ですから、わたしをあなたに渡した者に、もっと大きい罪があるのです。」
罪には軽重があることが記されています。

 

 

 

さばきの軽重を決定する二つの原則があります。


彼らにはどの程度の啓示が与えられていて、それを拒否したのか。


罪の深刻さがどの程度であったか。

 

 

 

2.    裁きの程度を決するための書物

 

そしてさばきを決定するためのの書物が開かれます。
この書物3種類の区別をしっかりと認識しておく必要があります。

 

 

a.  いのちの書
the book of life

 

 

詩篇139:16
詩 139:16 あなたの目は胎児の私を見られ、
あなたの書物 your book にすべてが、書きしるされました。
私のために作られた日々が、
しかも、その一日もないうちに。

これは生まれた人の名が全て記されている書です。

 

黙示録3:5
黙 3:5 勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。
そして、わたしは、彼の名をいのちの書 the book of life から消すようなことは決してしない。
わたしは彼の名をわたしの父の御前と御使いたちの前で言い表す。

その人が信じたならばいのちの書から名が消されることはなくなります。

しかし救われず死んだ者はいのちの書からは名が取り消されます。

 

詩篇69:28
詩 69:28 彼らがいのちの書から消し去られ、
正しい者と並べて、書きしるされることがありませんように。

 

出エジプト記32:31〜33
出 32:31 そこでモーセは【主】のところに戻って、申し上げた。
「ああ、この民は大きな罪を犯してしまいました。
自分たちのために金の神を造ったのです。
32:32 今、もし、彼らの罪をお赦しくだされるものなら──。
しかし、もしも、かないませんなら、どうか、あなたがお書きになったあなたの書物から、私の名を消し去ってください。」
32:33 すると【主】はモーセに仰せられた。
「わたしに罪を犯した者はだれであれ、わたしの書物から消し去ろう。

 

 

 

c.   小羊のいのちの書
the book of life of the Lamb

 

 

小羊のいのちの書:

新生した者の名前だけが書かれています。
天地創造の前から書かれていた名前です。

 

黙示録13:8
黙 13:8 地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めからその名の書きしるされていない者はみな、彼(海からの獣=反キリスト)を拝むようになる。

 

黙示録17:8
黙 17:8b地上に住む者たちで、世の初めからいのちの書に名を書きしるされていない者は、その獣が、昔はいたが、今はおらず、やがて現れるのを見て驚きます。

 

詩篇69:28
詩 69:28 彼らがいのちの書から消し去られ、
正しい者と並べて、書きしるされることがありませんように。
And not be written with the righteous.
義人の書としても知られます。

 

救いは永遠なので、この特別な書から名が消し去られることはありません。

 

 

 

b.   その他の書

 

いわば自叙伝のようなもので、その人が行った行為が記されてあります。

 

 

 

白い御座のさばきの段階で
「小羊のいのちの書」に書かれている名前と「いのちの書」に書かれている名前とは全く同じです。
しかし、微妙な違いは
いのちの書:途中で消される人の名前があるので、ところどころ空白があいています。
小羊のいのちの書:空白はありません。

人々がこの白い御座のさばきの前に立った時に「いのちの書」が開かれます。
もし、そこに名前がない、消されているとするならばその人たちはさばきを受ける人たちです。

燃える火の池でどの程度のさばきにあうのかは、その他の書が開かれて決まります。

 

 

 

 

第二の復活
The Second Resurrection

 

黙示録20:13
黙 20:13 海はその中にいる死者を出し、死もハデスも、その中にいる死者を出した
そして人々はおのおの自分の行いに応じてさばかれた。

 

 

 

第一の復活(信者のみ、肉体をとっての復活 黙20:5〜6):5段階

①   初穂としてのイエス
②   教会聖徒―大患難時代の前、携挙時
③   ふたりの証人―大患難時代中間期
④   旧約聖徒―イエスの再臨後、千年王国前、75日のインターバルで
⑤   患難期聖徒―同上、イエスの再臨後

 

 

 

第二の復活(不信者のみ、肉体をとっての復活):2段階

①  千年王国が起こる前に反キリストとにせ預言者の復活があり(燃える池に投げ込まれてい)ます。
②  千年王国の最後に他の全ての不信者たちが復活します。
そして(大きな白い御座のさばきにおいて裁かれ、みな)燃える火の池に投げ込まれます。

 

 

 

第二の死:火の池
The Second Death: The Lake of Fire

 

大きな白い御座のさばきの宣告に続いて、その執行がなされます。

黙示録20:14〜15
黙 20:14 それから、死とハデスとは、火の池 the lake of fire に投げ込まれた。
これが第二の死 the second death である。
20:15 いのちの書に名のしるされていない者はみな、この火の池に投げ込まれた。

これが永遠の死です。

第二の復活はすぐに火の池での第二の死にとってかわられます。

 

 

私たちは伝道する時に、未信者の人に地獄で永遠を過ごさないで天国で永遠を過ごすように良い選びをしなさいと信仰の決心を促します。
しかし、専門的に言うと、「地獄」という言葉と「天国」という言葉とを厳密に私たちは使っていないことになります。

 

地獄(ヘブル語にもギリシャ語にも実はこの言葉はありません。)

地獄で永遠を過ごす人はいません。
不信者が永遠の時を過ごすのは燃える火の池で、これは地獄とは別です。
地獄という言葉が表している状態より、燃える火の池の方が厳しいさばきがまっています。
地獄:魂だけの苦しみ
火の池:復活した状態で行くので、魂と肉体の両方が苦しむ状態、より深刻

 

 

天国(この言葉も厳密には聖書にはでてきません。)

また天国において永遠を過ごす人も誰もいません。
私たちが永遠を過ごすのは新しい地の上にくだってくる天のエルサレム新しいエルサレムです。
そこで永遠を過ごします。

 

では私たちが過ごす永遠の世界というのはどうなっているのでしょうか。
それが次回の「永遠の秩序」です。

 

 

今回の学びは以上です。
以下は未だイエスさまを信じていない方へのお願いです。

私たちは知っています。
不信者は火の池で永遠の苦しみを受けることを。

どんなに私が愛する人でも、いい人でも、素晴らしい人でも。
ですから何度でも言います。
イエスさまを信じてください。
考え方を改めることを悔い改めると言います。
聖霊なる神さまの助けにより、今まで持っていた神観が変えられますように。

####################

 

コリント人への手紙第一 15:3b〜4

キリストは、聖書の示すとおりに、
私たちの罪のために死なれたこと、
15:4 また、葬られたこと、
また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、

キリストの十字架以降、全ての人が信ずべき福音の内容とはこの3つのことです。

① キリストは私たちの罪のために死なれたこと
② 墓に葬られたこと
③   三日目に復活されたこと
この特別に啓示された福音の内容を理解し、同意し、イエス・キリストこそ自分を救ってくださる唯一のお方であるとイエスさまを信頼してください。

 

イエス・キリストの十字架についての無料メッセージを紹介します。

中川健一師によるメッセージ「メシアの生涯(197)十字架上での最初の3時間(1)」、YouTube、音声のみアウトラインアプリほか。
引き続きこのつづきを、またメシアの生涯(1)からも是非お聴きください。

####################

 

 

今回の内容はヨハネの黙示録レジュメ(20)E.その後の出来事 黙20:7〜15とかぶります。

 

千年王国レジュメ(20)2018年7/14
Ⅶ.永遠の秩序 A.過ぎ去る古い秩序と永遠の秩序の創造 B.永遠の新しエルサレム へ

 

練馬桜台聖書フォーラム

代表 :南 知之

バックナンバー