Loading...
poppy-621410_1280

京都市中京聖書フォーラム

参加者の声

2018.01.23

カテゴリー:未分類

2016年10月に京都市中京バイブルスタディ(大阪ドーム前聖書フォーラムのエクステンション)としてスタートし、翌2017年10月31日「京都市中京聖書フォーラム」として、自立した聖書フォーラムと認定されました。フォーラムに参加されているみなさんの声をご紹介します。

 

・私は御言葉を学び続けたいと思い、メッセージを朝に聞いたり、夜に学んだりもしましたが、中京フォーラムに来た時に、一番集中できます。

・今、迷い子の子がいっぱいいます。ここにも行ける場所があるよ、と教えたいです。

・サタンって賢いんだな、私も御言葉の武具をつけないと負けちゃうなと思いました。誘惑が神の試練であるとの視点を持つと、誘惑にあった時の自分の問いも変わります。

・聖書そのものや、御言葉を学ぶことに飢え渇きを感じておりました。貴重な交わりに出会わせていただいたことを、心より主に感謝しております。

・日々のできごとに一喜一憂しないためには、聖書に何が書かれてあるかということを学んで神のご計画の全体が必ず成就することを知り、霊的体幹を強くすることが大切だと思いました。

・未信者の方も、みな、生きていく拠り所を求めているように思います。緊急性を持って御言葉を宣べ伝える必要があると思います。イエスさまのやり方も一人ひとりとの関わりを大切にされていましたね。

・今、ハレルヤ!と言いにくい世の中です。その中で継続してフォーラムで黙示録も学んでいることは素晴らしいことです。終末論、神の救済計画、イスラエルやエルサレムの位置付けなど、聖書全体の御言葉がわかってきています。

・高校時代に「若き日にあなたの造り主を覚えよ!」と強烈に言われたことが何十年も響いていました。長年、キリスト教を拒否し、押さえつけてきていましたが、今は感謝です。聖書の御言葉をフォーラムで詳しく学べてこれ以上の喜びはありません。成長させてもらっています。

・時代が厳しくなる中で、真実を学び、励ましを受け、また、与え合えるためには、イエスさまに仕える人がいる所に自分を置くことが大切だと知りました。フォーラムに集えることに感謝いたします。

・黙示録が教会でまったく話されていないことに危機感をもっています。

・神の怒りの凄まじさに圧倒されます。イエスが十字架上で、この神の怒りをすべて受けてくださったために、私たちは救われました。イエスの愛の深さに感謝します。

・人としてできる準備を整えることと、主の前に「心の靴」を脱いで鎮まって祈り、神の御心に忠実に歩むことの両面が大切なことを学びました。

・御言葉の種にいのちがあります。私たちのすることは、自分自身が良い種を蒔く者であるように、正しく聖書を学び、日々、主を見上げて生きることが大切なんだと学びました。

・フォーラムで学ぶことで、自分が救われているんだという実感が深まり、イエス様を救い主として信じているんだとの確信が得られました。

but0018-013

京都市中京聖書フォーラム

代表:北澤照久

カテゴリ

バックナンバー