Loading...

盛岡バイブルスタディ

【 活動報告 】 第8回 盛岡バイブルスタディ 2019年10月19日(土)

2019.10.22

カテゴリー:分かち合いのご報告

【実施状況】

1 参加者数  5名

2 場所 ・ 時間  アイーナ605号室 13:30〜15:30

【学びの内容】

60分でわかる旧約聖書CD#2、「出エジプト記」

【分かち合いの概要】

①幕屋の規定にあるように、神は、神に近づく条件を明確に定めており、それを厳粛に守られるお方であるということがわかった。

②幕屋はキリストの型である。幕屋を通してでなければ神に近づくことはできないのと同じで、キリストを通してでなければ救いの道がない。神が用意された条件でなければ救いがないということがよく分かった。

③シナイ契約のところから、神が契約を結ぶ神であり、その契約に基づき動かれることが分かった。神の愛は契約に準じており、誠実なものであると感じた。

④出エジプト記はギリシャ語で「エクソドス」と訳され、同じ言葉が信者の「死」に関しても使われている。信者にとっては、「死」は解放と旅立ちであり、悲劇ではないという事を改めて意識することができた。

【特記事項】

今回は、学んだ内容の分かち合いに加え、カルト的な教えの危険性について情報共有しました。
預言は、聖書の完結とともに終わったにも関わらず、「現在も預言はある」と信じ、預言の真似事をしてしまうと、結果的にその人自身が傷つくことになるということがわかりました。

「書かれていることを超えないこと」(Ⅰコリ4:6)がいかに大切かを感じました。

                                    以上

IMG_4001[1]

盛岡バイブルスタディ

代表:岩崎 洋二

バックナンバー