イエスのことば 第24回(再) 2022年5月11日

2022.04.10

カテゴリー:お知らせ, みやま集会メッセージ

□オンライン参加のみです

新約聖書の4つの福音書を時系列に追いながら、イエスが語られたことばを、ひとつひとつ学んでいきます。
前月のみやま集会のテーマと同じです。そのため、「〇〇回(再」と表示しています。

オンライン参加のみで、実集会はありません。オンライン参加は次をクリックしてください。

トピック: 水曜日夜の集会
時間: 2022年5月11日 08:00 PM 大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する
https://us02web.zoom.us/j/3570888954

ミーティングID: 357 088 8954

パスコードが必要です。参加予定の方々に別途お知らせしております。

お知らせ通知を受け取っておられない方、初めて参加ご希望の方は、
メールアドレス seiichi.shimizu777@gmail.com (清水誠一)へ 参加申し込みください。
折り返しパスワードをお知らせします。

□今回のアウトライン

  1. イエス周辺の状況(マルコ3:20~21)
  2. 指導者層による拒否(マルコ3:22、マタイ12:22~24)
  3. イエスの反論(マルコ3:23~27、マタイ12:25~29)
  4. 聖霊を冒瀆する罪とその二つの結果(マルコ3:28~30、マタイ12:30~37)

□今回のことば

起承転結の「承」の部、メシアとしての権威を現わす時期は、終わりに近づいています。
前回までで、「承」の部の結末、メシア拒否の前の諸事件を見ました。

今回は、いよいよ、指導者層によるメシア拒否です。
イエスのことばは、そのときに、メシア拒否を公式発表した調査団に対して語られたものです。

「まことに、あなたがたに言います。人の子らは、どんな罪も赦していただけます。
また、どれほど神を冒瀆することを言っても、赦していただけます。
しかし、聖霊を冒瀆する者は、だれも永遠に赦されず、永遠の罪に定められます。」
このように言われたのは、彼らが、「イエスは汚れた霊につかれている」と言っていたからである。
(マルコ3:28~30)

集会用資料(PDFファイル)

資料は、5ページです。

聖書フォーラムみやま集会20220409

 

福岡集会

バックナンバー