Loading...

みやま集会 聖化⑤ 2019年11月30日

2019.11.30

カテゴリー:お知らせ, みやま集会メッセージ

■救いの3つの段階

2018年6月から、みやま集会では、救いの3つの段階である「義認・聖化・栄化」を学んでいます。

救いとは、一言で言えば、人が神によって造られた本来の目的のとおりに完成されることです。
その完成のことを、「栄化」と言います。救いの入り口は「義認」、その入り口から入って完成に向かう途上が「聖化」、そして完成が「栄化」というわけです。

人が救いを受けるかどうかは、その救いの入り口に入るかどうかで決まります。
聖書では、救いの入り口に入ることを、「神から義人であると認められる」と表現します。
これを短く言ったのが、「義認」です。

では、人はどのようにしてその入り口に入るのでしょうか。また入ったらどうなるのでしょうか。
聖書では9つのことを教えています。
その9つのこととは、「再生、転回、信仰、悔い改め、告白」の5つと、
「赦し、転嫁、子とされること、救われたことの確信」の4つ、合計9つです。

2019年3月の集会までに、これら9つのことを学びました。

その学びを踏まえて、2019年5月から、本論である「義認・聖化・栄化」に入り、5月は「義認」を学び、6月から、「聖化」に入りました。

□聖化の基本的意味は、別に取り分けること

聖化の第1回は、聖化の意味について、学びました。
聖化に関連する9つのギリシヤ語が使われている箇所を見ると、「聖化」の基本的意味は、「別に取り分けること」であるとわかりました。
日本語聖書で「聖化」ではなく、「聖別」とも訳されるのは、そのためです。

□別に取り分けることの8つのパターン

聖化の第2回は、「別に取り分けることの8つのパターン」です。
誰が(何が)、誰を(何を)、別に取り分けるのでしょうか
聖書では、8つのパターンがありました。

□聖化はどのようにして起きるのか

聖化の第3回は、「聖化はどのようにして起きるのか」です。
前回の8つのパターンのうち、この学びの対象とするパターンは、「神が信者をこの世とは別に取り分けてくださるパターン」です。
神学では、これを「聖化」と呼びます。
聖化はどのようにして起きるのでしょうか。5つのポイントを学びました。

□聖化の主体・動因・経路

聖化の第4回は、「聖化の主体・動因・経路」です。

聖化は、三位一体の神が主体となって起きることです。
聖化は、神の良きみこころから発するものです。
聖化は、聖書に記された神のことばを通して行われます。

□聖化のタイプ 4つ

本日、聖化の第5回は、「聖化のタイプ 4つ」です。

第一のタイプは、人を信者に導くための聖化 です。
第二のタイプは、その人が信じた瞬間に与えられます。信者を神の目から見て、すでに完全に聖いという地位を与える聖化 です。
第三のタイプは、信者の内側を その地位にふさわしい者へと変えていく聖化 です。
第四のタイプは、その人の内側から罪の存在そのものをなくしてしまう、そしてその体にも罪の影響を全く残さない聖化です。これは、最終的聖化、あるいは栄化と呼ばれます。

 

 

集会資料(PDFファイル)は次をクリックしてください。

聖書フォーラムみやま集会20191130改

 

音声メッセージは、次をクリックして、次に現れる画面の音声再生スタートボタンをクリックしてください。

https://www.dropbox.com/s/3cociwad8gzd5od/191130%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%BE%E9%9B%86%E4%BC%9A.mp3?dl=0

 

 

福岡集会

バックナンバー