Loading...
IMG_1009

練馬桜台聖書フォーラム

千年王国レジュメ(9)2018年 1/13

2018.01.13

カテゴリー:千年王国, 学び

千年王国レジュメ(9)2018年1/13

エゼキエル37章の預言、枯れ骨の谷の幻の意味は?

異邦人はイスラエルの2段階目の帰還(大患難時代後)を助け、イスラエルは異邦人から辱めを受けることはもはやなくなる

千年王国の特徴は正義、清潔、平和、安全、楽しみ、喜び

 

2013年フルクテンバウム博士セミナー『聖書は千年王国について何を教えているか』テキスト) を学んでいます。

 

千年王国レジュメ(1) 2017年9/9
Ⅰ.千年王国を信じる根拠 A.ユダヤ的契約の中には、成就していない約束がある。 B.預言者が語った預言の中には、成就していない預言がある。 C.まとめ

千年王国レジュメ(2) 2017年9/23
Ⅱ.千年王国の一般的な特徴 A.詩篇15:1~5 B.詩篇24:1~6 C.イザヤ書2:2~4 D.イザヤ書11:6~9 E.65:17~25 F.ミカ書4:1~5 黙示録20:1~3

千年王国レジュメ(3) 2017年10/14
Ⅲ.メシア的王国の統治形態 A.王:メシアである主イエス 1.王座の設立 詩篇、イザヤ、エレミヤ、ゼカリヤ、ルカ 2.メシアの統治の特徴 黙示録、詩篇、イザヤ

千年王国レジュメ(4) 2017年10/28
Ⅲ.メシア的王国の統治形態 B.異邦人部門の統治形態 1.教会時代の聖徒と、大患難時代の聖徒 2.王たち C.ユダヤ人部門の統治形態 1.ダビデ:王であり君主 2.12部族を統治する12使徒 3.首長たち(高官たち、君主たち) 4.さばきつかさたちと議官たち(参議たち) 5.異邦人を統治するイスラエル

千年王国レジュメ(5) 2017年11/11
Ⅳ.メシア的王国におけるイスラエル A.イスラエルの最終的回復の4つの側面 1.イスラエルの国家的新生 (1)土台:新しい契約 (2)預言の進展

千年王国レジュメ(6) 2017年11/25
Ⅳ.メシア的王国におけるイスラエル A.イスラエルの最終的回復の4つの側面 2.イスラエルの帰還 (1)土台:土地の契約 (2)預言の進展

千年王国レジュメ(7) 2017年12/9
Ⅳ.メシア的王国におけるイスラエル A.イスラエルの最終的回復の4つの側面 3.土地の所有 (1)土台:アブラハム契約 (2)預言の進展

千年王国レジュメ(8) 2017年12/23
Ⅳ.メシア的王国におけるイスラエル A.イスラエルの最終的回復の4つの側面 4.ダビデの王座の回復 (1)土台:ダビデ契約 (2)預言の進展

 

フルクテンバウム博士のメッセージを中川健一牧師がわかり易く通訳してくださったセミナーの内容を基に作成しています。

以下、青色の聖句はテキストでみていく聖句です。
紫色の聖句は2回目にでてきた聖句、または参考聖句です。

緑色の文章は補足説明です。
黒色の文章がセミナーの説明文です。

興味のあるところはリンク先もご覧になってみてください。

 

千年王国に関する3つの説とその歴史的変遷、聖書的吟味については、中川健一牧師著 『1日でわかる「千年王国論」』 テキスト1000円CD6枚付2500円ダウンロード版2500円 ハーベスト・タイム・ミニストリーズ を是非お買い求めください。

 

「千年王国The Millennium」と「メシア的王国The Messianic Kingdom」の意味は全く同じです。

Ⅳ.メシア的王国におけるイスラエル Israel in the Messianic Kingdom

 

 

B.イスラエルの最終的回復に関する他の特徴 Other Characteristics of Israel’s Final Restoration

 

セミナーテキスト32ページ

1.国家としての再統一
Reunited as a Nation

 

① イスラエルは統一国家としてひとつになって帰還するということ。

 

エレミヤ3:18
エレ 3:18 その日、ユダの家はイスラエルの家といっしょになり、彼らはともどもに、北の国から、わたしが彼らの先祖に継がせた国に帰って来る。」
In those days the house of Judah shall walk with the house of Israel, and they shall come together out of the land of the north to the land that I gave for an inheritance unto your fathers.
イスラエルは二つに分裂した国(南王国ユダと北王国イスラエル)ではなく、一つの国として戻って来るという約束です。

 

 

 

エゼキエル37:1~23
1~14節:枯れ骨の谷の預言

エゼ 37:1 【主】の御手が私の上にあり、【主】の霊によって、私は連れ出され、谷間の真ん中に置かれた。
そこには骨が満ちていた。
37:2 主は私にその上をあちらこちらと行き巡らせた。
なんと、その谷間には非常に多くの骨があり、ひどく干からびていた。
37:3 主は私に仰せられた。
「人の子よ。
これらの骨は生き返ることができようか。」

私は答えた。
「神、主よ。
あなたがご存じです。」

37:4 主は私に仰せられた。
「これらの骨に預言して言え。
干からびた骨よ。
【主】のことばを聞け。
37:5 神である主はこれらの骨にこう仰せられる。
見よ。
わたしがおまえたちの中に息を吹き入れるので、おまえたちは生き返る。
37:6 わたしがおまえたちに筋をつけ、肉を生じさせ、皮膚でおおい、おまえたちの中に息を与え、おまえたちが生き返るとき、おまえたちはわたしが【主】であることを知ろう。」
エゼキエルはその谷に枯れた骨しかないという状況を目撃します。

セミナーテキスト33ページ

37:7 私は、命じられたように預言した。
私が預言していると、音がした。
なんと、大きなとどろき。
すると、骨と骨とが互いにつながった。
37:8 私が見ていると、なんと、その上に筋がつき、肉が生じ、皮膚がその上をすっかりおおった。
しかし、その中に息はなかった。
37:9 そのとき、主は仰せられた。
「息に預言せよ。
人の子よ。
預言してその息に言え。
神である主はこう仰せられる。
息よ。
四方から吹いて来い。
この殺された者たちに吹きつけて、彼らを生き返らせよ。」
37:10 私が命じられたとおりに預言すると、息が彼らの中に入った。
そして彼らは生き返り、自分の足で立ち上がった。
非常に多くの集団であった。
その骨が段階を踏んで生き返ります。
まず骨と骨がつながり、それをつなぐ筋ができ、筋肉がつき、その上に皮膚がかぶさります。
この段階で、枯れ骨ではなく死体が沢山そこにあるのが見えます。
神さまが息をその死体に吹き込むと彼らは蘇り、大軍勢を構成するようになります。

37:11 主は私に仰せられた。
「人の子よ。
これらの骨はイスラエルの全家である。
ああ、彼らは、『私たちの骨は干からび、望みは消えうせ、私たちは断ち切られる』と言っている。
その生き返った骨が何であるのかという解釈が与えられます。
骨は既に霊的に死んでしまっているイスラエルの全家を象徴しています。

37:12 それゆえ、預言して彼らに言え。
神である主はこう仰せられる。
わたしの民よ。
見よ。
わたしはあなたがたの墓を開き、あなたがたをその墓から引き上げて、イスラエルの地に連れて行く。
37:13 わたしの民よ。
わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓から引き上げるとき、あなたがたは、わたしが【主】であることを知ろう。
彼らはイスラエルの地に帰還しますが霊的にはまだ死んだままです。

これは不信仰な中で約束の地に帰ってくるという最初の帰還のことを言っています。(現在その最初の帰還が成就しているところです)
千年王国レジュメ(6)2.イスラエルの帰還(1)土台:土地の契約 1番目の帰還 参照)
患難期前の出来事レジュメ(3)B.イスラエル国家の再建(5)ユダヤ人の回復は2段階で成就するという立場 参照)

37:14 わたしがまた、わたしの霊をあなたがたのうちに入れると、あなたがたは生き返る。
わたしは、あなたがたをあなたがたの地に住みつかせる。
このとき、あなたがたは、【主】であるわたしがこれを語り、これを成し遂げたことを知ろう。
──【主】の御告げ──」
民族的救い、回心を経験して彼らは霊的によみがえり、神と正しい関係に入れられます。
ヨハネの黙示録レジュメ(16)解説版 ハルマゲドンの戦いの展開 第5段階:イスラエルの国家的新生 参照)

幻のポイント:いつかイスラエルは霊的に復活します。
ただしそれは幾つかの段階を踏みます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここでエゼキエルは或る象徴的な行動を起こすように神から命じられます。
37:15 次のような【主】のことばが私にあった。
37:16 「人の子よ。一本の杖を取り、その上に、『ユダと、それにつくイスラエル人のために』と書きしるせ。
もう一本の杖を取り、その上に、『エフライムの杖、ヨセフと、それにつくイスラエルの全家のために』と書きしるせ。
37:17 その両方をつなぎ、一本の杖とし、あなたの手の中でこれを一つとせよ。
エゼキエルは2本の杖をとり、片方にユダ…、もう片方にヨセフ(北の十部族の代表的な名前)…と書き、つなぎ合わせて1本の杖のように見せるよう命じられます。

37:18 あなたの民の者たちがあなたに向かって、『これはどういう意味か、私たちに説明してくれませんか』と言うとき、37:19 彼らに言え。
神である主はこう仰せられる。
見よ。
わたしは、エフライムの手にあるヨセフの杖と、それにつくイスラエルの諸部族とを取り、
それらをユダの杖に合わせて、一本の杖とし、わたしの手の中で一つとする。
37:20 あなたが書きしるした杖を、彼らの見ている前であなたの手に取り、
彼らは2つの王国(北王国イスラエルと南王国ユダ)としてではなく一つの王国として帰還するということです。

37:21 彼らに言え。
神である主はこう仰せられる。
見よ。
わたしは、イスラエル人を、その行っていた諸国の民の間から連れ出し、彼らを四方から集め、彼らの地に連れて行く。
帰還が起こる時、彼らは一つの民として約束の地に帰還します。
千年王国レジュメ(6)2.イスラエルの帰還 (2)預言の進展 参照)

37:22 わたしが彼らを、その地、イスラエルの山々で、一つの国とするとき、ひとりの王が彼ら全体の王となる。
彼らはもはや二つの国とはならず、もはや決して二つの王国に分かれない。
一人の王がいて、一つの王国として彼らを統治します。
千年王国レジュメ(3)Ⅲ.メシア的王国の統治形態A.王:メシアである主イエス 参照)

37:23 彼らは二度と、その偶像や忌まわしいもの、またあらゆるそむきの罪によって身を汚さない。
わたしは、彼らがかつて罪を犯したその滞在地から彼らを救い、彼らをきよめる。
彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。
彼らはその罪からきよめられます。

 

 

イスラエルの最終的回復に関する他の特徴の1番目:
国家としての再統一を果たして帰還するということです。

 

 

 

2.異邦人の注目の的
The Center of Gentile Attention

 

② 世界中の異邦人諸国の注目の的となるということ。

 

イザヤ書14:1~2
イザ 14:1 まことに、【主】はヤコブをあわれみ、再びイスラエルを選び、彼らを自分たちの土地にいこわせる。
在留異国人も彼らに連なり、ヤコブの家に加わる。
イスラエル人たちの回心と回復が預言されます。
イスラエル人たちはイスラエルの神、まことの神だけを礼拝するようになります。

14:2 国々の民は彼らを迎え、彼らの所に導き入れる。
イスラエルの家は【主】の土地でこの異国人を奴隷、女奴隷として所有し、自分たちをとりこにした者をとりこにし、自分たちをしいたげた者を支配するようになる。
イスラエル人の最終的な(2段階目の)帰還に際して異邦人が彼らを助けるようになります。

 

セミナーテキスト34ページ

異邦人の中にはイスラエルのしもべとなる者がでてきます。

イザヤ49:22~23
イザ 49:22 神である主はこう仰せられる。
「見よ。わたしは国々に向かって手を上げ、
わたしの旗を国々の民に向かって揚げる。
彼らは、あなたの息子たちを
ふところに抱いて来、
あなたの娘たちは肩に負われて来る。
イスラエルの帰還は異邦人の助けによって起こります。

49:23 王たちはあなたの世話をする者となり、
王妃たちはあなたのうばとなる。
彼らは顔を地につけて、あなたを伏し拝み、
あなたの足のちりをなめる。
あなたは、わたしが【主】であることを知る。
わたしを待ち望む者は恥を見ることがない。」
異邦人がイスラエルに仕えるようになります。
異邦人がイスラエルを辱めることは二度となくなります。

 

 

イザヤ書61:1~3
イザ 61:1 神である主の霊が、わたしの上にある。
【主】はわたしに油をそそぎ、
貧しい者に良い知らせを伝え、
心の傷ついた者をいやすために、
わたしを遣わされた。
捕らわれ人には解放を、囚人には釈放を告げ、
61:2 【主】の恵みの年と、われわれの神の復讐の日を告げ、
すべての悲しむ者を慰め、
61:3 シオンの悲しむ者たちに、
灰の代わりに頭の飾りを、
悲しみの代わりに喜びの油を、
憂いの心の代わりに賛美の外套を
着けさせるためである。
彼らは、義の樫の木、
栄光を現す【主】の植木と呼ばれよう。
シャカイナ・グローリーがイスラエルの地にある為、異邦人たちはそれを体験するためにその地に上って来るようになります。
(シャカイナ・グローリーとは ヨハネの黙示録レジュメ(2)Ⅰ.ヨハネが見た事:栄光に輝く人の子 B.啓示 参照)

61:4 彼らは昔の廃墟を建て直し、
先の荒れ跡を復興し、
廃墟の町々、代々の荒れ跡を一新する。
帰還したイスラエルが荒廃した町々を再建するようになります。

61:5 他国人は、あなたがたの羊の群れを
飼うようになり、
外国人が、あなたがたの農夫となり、
ぶどう作りとなる。
異邦人はイスラエルのしもべとなります。

61:6 しかし、あなたがたは【主】の祭司ととなえられ、
われわれの神に仕える者と呼ばれる。
あなたがたは国々の力を食い尽くし、
その富を誇る。
イスラエルは異邦人にみことばを教える奉仕をします。
その結果、異邦人からの富を受けるようになります。

61:7 あなたがたは恥に代えて、二倍のものを受ける。
人々は侮辱に代えて、その分け前に喜び歌う。
それゆえ、その国で二倍のものを所有し、
とこしえの喜びが彼らのものとなる。
イスラエルは異邦人から再び辱めを受けることはなくなります。
新しい契約の結果としての祝福を受けるようになります。

61:8 まことに、わたしは公義を愛する【主】だ。
わたしは不法な略奪を憎む。
わたしは誠実を尽くして彼らに報い、
とこしえの契約を彼らと結ぶ。
61:9 彼らの子孫は国々のうちで、
彼らのすえは国々の民のうちで知れ渡る。
彼らを見る者はみな、
彼らが【主】に祝福された子孫であることを認める。
異邦人がついに、イスラエルという民は神の特別な目的のために選ばれた民だということを認めるようになります。

 

 

ミカ7:14~17
ミカ 7:14 どうか、あなたの杖で、あなたの民、
あなたご自身のものである羊を飼ってください。
彼らは林の中、果樹園の中に、
ひとり離れて住んでいます。
彼らが昔の日のように、
バシャンとギルアデで草をはむようにしてください。
イスラエル人たちが世界中から帰還するようになります。

7:15 「あなたがエジプトの国から出た日のように、
わたしは奇しいわざを彼に見せよう。」
この帰還には奇跡が伴います。
千年王国レジュメ(6)2.イスラエルの帰還 (2)預言の進展 参照)

7:16 異邦の民も見て、
自分たちのすべての力を恥じ、
手を口に当て、
彼らの耳は聞こえなくなりましょう。
7:17 彼らは、蛇のように、
地をはうもののように、ちりをなめ、
震えながら彼らのとりでから、
私たちの神、【主】のみもとに出て来て、
わなないて、あなたを恐れましょう。
異邦人はこれを見てイスラエル人に畏怖の念を抱くようになります。

 

 

ゼパニヤ3:20
ゼパ 3:20 その時、わたしはあなたがたを連れ帰り、
その時、わたしはあなたがたを集める。
わたしがあなたがたの目の前で、
あなたがたの繁栄を元どおりにするとき、
地のすべての民の間で
あなたがたに、名誉と栄誉を与えよう、と
【主】は仰せられる。
イスラエルは異邦人の中で名誉と栄誉を与えられるようになる、という預言です。

 

 

ゼカリヤ書8:23
ゼカ 8:23 万軍の【主】はこう仰せられる。
「その日には、外国語を話すあらゆる民のうちの十人が、ひとりのユダヤ人のすそを堅くつかみ、『私たちもあなたがたといっしょに行きたい。
神があなたがたとともにおられる、と聞いたからだ』と言う。」
その日、十人の異邦人がひとりのユダヤ人のすそを堅くつかみ、こう言うのです。
『私たちもあなたがたといっしょに行きたい。神があなたがたとともにおられる、と聞いたからだ』
ユダヤ人の歴史を見ると10人の異邦人がユダヤ人の着ている物をつかんだ時は全く逆の理由(反ユダヤ主義による迫害)からです。
しかし将来、千年王国ではその状況が完全に逆転します。

イスラエルは異邦人の関心、注目の的となります。

 

 

 

3.正義、聖潔、平和、安全、楽しみ、そして喜び
Righteousness, Holiness, Peace, Security, Joy, and Gladness

 

③ その他の特徴、イスラエルの特徴が6つ挙げられています。
正義、聖潔、平和、安全、楽しみ、そして喜び

 

5箇所にでてきますが、全部イザヤ書です。
イザヤ32:16~20
イザ 32:16 公正は荒野に宿り、は果樹園に住む。
32:17 平和をつくり出し、
はとこしえの平穏と信頼をもたらす。
32:18 わたしの民は、平和な住まい、
安全な家、安らかないこいの場に住む。
32:19 ──雹が降ってあの森を倒し、
あの町は全く卑しめられる。──
32:20 ああ、幸いなことよ。
すべての水のほとりに種を蒔き、
牛とろばとを放し飼いするあなたがたは。
Then justice shall dwell in the wilderness; and righteousness shall abide in the fruitful field.
And the work of righteousness shall be peace;
and the effect of righteousness, quietness and confidence for ever.
And my people shall abide in a peaceable habitation,
and in safe dwellings, and in quiet resting-places.
But it shall hail in the downfall of the forest;
and the city shall be utterly laid low.
Blessed are ye that sow beside all waters,
that send forth the feet of the ox and the ass.
正義、聖潔、平和です。

 

 

イザヤ35:5~10
イザ 35:5 そのとき、目の見えない者の目は開き、
耳の聞こえない者の耳はあく。
35:6 そのとき、足のなえた者は鹿のようにとびはね、
口のきけない者の舌は喜び歌う。
荒野に水がわき出し、
荒地に川が流れるからだ。
35:7 焼けた地は沢となり
潤いのない地は水のわく所となり、
ジャッカルの伏したねぐらは、
葦やパピルスの茂みとなる。

35:8 そこに大路があり、
その道は聖なる道と呼ばれる。
汚れた者はそこを通れない。
これは、贖われた者たちのもの。
旅人も愚か者も、これに迷い込むことはない。
35:9 そこには獅子もおらず、
猛獣もそこに上って来ず、
そこで出会うこともない。
ただ、贖われた者たちがそこを歩む。
35:10 【主】に贖われた者たちは帰って来る。
彼らは喜び歌いながらシオンに入り、
その頭にはとこしえの喜びをいただく。
楽しみと喜びがついて来、
悲しみと嘆きとは逃げ去る。
Then the eyes of the blind shall be opened,
and the ears of the deaf shall be unstopped.
Then shall the lame man leap as a hart,
and the tongue of the dumb shall sing;
for in the wilderness shall waters break out,
and streams in the desert.
And the glowing sand shall become a pool,
and the thirsty ground springs of water:
in the habitation of jackals, where they lay,
shall be grass with reeds and rushes.

And a highway shall be there, and a way,
and it shall be called The way of holiness;
the unclean shall not pass over it;
but it shall be for the redeemed:
the wayfaring men, yea fools, shall not err therein.
No lion shall be there,
nor shall any ravenous beast go up thereon;
they shall not be found there;
but the redeemed shall walk there:
And the ransomed of Jehovah shall return,
and come with singing unto Zion;
and everlasting joy shall be upon their heads:
they shall obtain gladness and joy,
and sorrow and sighing shall flee away.
聖潔、平和、安全、楽しみです。

 

 

イザヤ51:3
イザ 51:3 まことに【主】はシオンを慰め、
そのすべての廃墟を慰めて、
その荒野をエデンのようにし、
その砂漠を【主】の園のようにする。
そこには楽しみと喜び、感謝と歌声とがある。
For Jehovah has comforted Zion;
he has comforted all her waste places,
and has made her wilderness like Eden,
and her desert like the garden of Jehovah;
joy and gladness shall be found therein, thanksgiving, and the voice of melody.
楽しみと喜びです。

 

 

セミナーテキスト35ページ

イザヤ55:12~13
イザ 55:12 まことに、あなたがたは喜びをもって出て行き、
安らかに導かれて行く。
山と丘は、あなたがたの前で喜びの歌声をあげ、
野の木々もみな、手を打ち鳴らす。
55:13 いばらの代わりにもみの木が生え、
おどろの代わりにミルトスが生える。
これは【主】の記念となり、
絶えることのない永遠のしるしとなる。」
For ye shall go out with joy,
and be led forth with peace:
the mountains and the hills shall break forth before you into singing;
and all the trees of the fields shall clap their hands.
Instead of the thorn shall come up the fir-tree:
and instead of the brier shall come up the myrtle-tree:
and it shall be to Jehovah for a name,
for an everlasting sign that shall not be cut off.
喜び、平和そして安全です。

 

 

イザヤ61:10~11
イザ 61:10 わたしは【主】によって大いに楽しみ、
わたしのたましいも、わたしの神によって喜ぶ。
主がわたしに、救いの衣を着せ、
正義の外套をまとわせ、
花婿のように栄冠をかぶらせ、
花嫁のように宝玉で飾ってくださるからだ。
61:11 地が芽を出し、
園が蒔かれた種を芽ばえさせるように、
神である主がと賛美とを、
すべての国の前に芽ばえさせるからだ。
I will greatly rejoice in Jehovah,
my soul shall be joyful in my God;
for he has clothed me with the garments of salvation,
he has covered me with the robe of righteousness,
as a bridegroom decks himself with a garland,
and as a bride adorns herself with her jewels.
For as the earth brings forth its bud,
and as the garden causes the things that are sown in it to spring forth;
so the Lord Jehovah will cause righteousness and praise
to spring forth before all the nations.
正義が強調されています。

 

 

 

ここまで私たちは何を学んだのでしょうか。

目次

Ⅰ.千年王国を信じる根拠 (千年王国レジュメ(1))
Ⅱ.千年王国の一般的な特徴(同レジュメ(2))
Ⅲ.メシア的王国の統治形態
A.王であるイエスさま(同レジュメ(3))
B.異邦人部門、C.ユダヤ人部門の統治形態(同レジュメ(4))
Ⅳ.メシア的王国におけるイスラエルの特徴
A. 最終的回復の4つの側面
第1の側面
イスラエルの国家的新生(同レジュメ(5))
第2の側面
イスラエルの帰還(同レジュメ(6))
第3の側面
土地の所有  (同レジュメ(7))
第4の側面
ダビデの王座の確立(同レジュメ(8))
B. イスラエルの最終的回復に関する他の特徴 (今回のレジュメ(9))
次回はC.【主】の家の山
このあたりから非常に絵画的になり、目の前に情景が描かれてきますから、聞いていて心がワクワクします。
私たちも将来そういうところに行くんだなあということです。
Ⅴ.千年王国における異邦人
自分たちの将来の立ち位置を確認する作業に入っていきます。
Ⅵ.メシア的王国の終わり
一千年経つと終わります。
Ⅶ.永遠の秩序
黙示録最後の2章、21章22章の学びです。

 

 

 

聖書の契約について更にお知りになりたい方は
2002年フルクテンバウム博士セミナー『聖書の八つの契約』無料ダウンロードテキスト、またはCD9枚5000円ダウンロード(MP3)3500円をどうぞ。

 

 

千年王国レジュメ(10)2018年1/27
Ⅳメシア的王国におけるイスラエル  C.【主】の家の山 へ

 

IMG_0709

練馬桜台聖書フォーラム

代表 :南 知之

バックナンバー