Loading...
IMG_0770

練馬桜台聖書フォーラム

練馬桜台聖書フォーラム 報告

2017.10.15

カテゴリー:報告

これは練馬桜台聖書フォーラムで今までに学んだ内容です。

フォーラムに参加された方は復習として、いらっしゃれなかった方はご参考までに、それぞれ無理のない範囲でリンク先をご活用ください。興味のある方は是非、ない方もどうぞ一度のぞいてみてくださいね。
神さまのご計画の全貌を一緒にみていきましょう。

2017年10月28日 千年王国(4)予告
Ⅲ.メシア的王国の統治形態 B.異邦人部門の統治形態 C.ユダヤ人部門の統治形態 予定

2017年10月14日 千年王国(3)
Ⅲ.メシア的王国の統治形態 A.王:メシアである主イエス 1.王座の設立 2.メシアの統治の特徴

2017年9月23日 千年王国(2)
Ⅱ.千年王国の一般的な特徴 A.詩15:1~5 B.詩24:1~6 C.イザ2:2~4 D.イザ11:6~9 E.イザ65:17~25 F.ミカ4:1~5

2017年9月9日 千年王国(1)
Ⅰ、千年王国を信じる根拠 A.ユダヤ的契約の中には、成就していない約束がある。 B.預言者が語った預言の中には、成就していない預言がある。€

2017年8月26日 患難期前の出来事(12)
患難期の前に起こる一連の出来事 時間順でない出来事 教会の携挙(3/3) A.携挙の時期 「イスラエル」「聖徒」、クリスチャンの希望、2つの怒りからの解放、イミネンシー

2017年7月8日 患難期前の出来事(11)
患難期の前に起こる一連の出来事 時間順でない出来事 教会の携挙(2/3) A.携挙の出来事 奥義、「終わりのラッパ」、イスラエルの祭り、栄光のからだ

2017年6月24日 患難期前の出来事(10)
患難期の前に起こる一連の出来事 時間順でない出来事 教会の携挙(1/3) A.携挙の出来事 ヨハネ14章、Ⅰテサ4章、Ⅰコリ15章

2017年6月10日 患難期前の出来事(9)
患難期の前に起こる一連の出来事 時間順でない出来事 B.エリヤの帰還 C.第3神殿

2017年5月27日 患難期前の出来事(8)
患難期の前に起こる一連の出来事 I.7年の契約 をさらに詳しく(Ⅱユダヤ人と患難期の始まり)、時間順でない出来事 A.暗黒Ⅰ

2017年4月29日 患難期前の出来事(7)
患難期の前に起こる一連の出来事 Ⅰ順に起こる出来事 E.世界統一政府 F.10の王国 G.反キリストの出現 H.平和と偽の安全の時期 I.7年の契約 まとめ

2017年4月8日 患難期前の出来事(6)
患難期の前に起こる一連の出来事 Ⅰ順に起こる出来事 D.北の諸国連合の侵攻(3/3) 2.侵攻の時期 c.患難期後/ハルマゲドン説 d.移行期の出来事説 e.千年王国後説 f.患難期前説 (1)支持理由 (2)反対理由 

2017年3月18日 患難期前の出来事(5)
患難期の前に起こる一連の出来事 Ⅰ順に起こる出来事 D.北の諸国連合の侵攻(2/3):エゼキエル39章1~16 1.この箇所の釈義 f.滅亡の場所 g.神の御名の聖別   h.7年間の火   i.7ヶ月の埋葬  2.侵攻の時期 a.基本的観察   b.患難期の中間説

2017年3月11日 患難期前の出来事(4)
患難期の前に起こる一連の出来事 Ⅰ順に起こる出来事 D.北の諸国連合の侵攻(1/3):エゼキエル38章 1.この箇所の釈義 a.諸国連合 b.侵攻の目的 c.ゴグの目的 d.神の目的 e.侵略者たちの滅亡

2017年2月25日 患難期前の出来事(3)
患難期の前に起こる一連の出来事 Ⅰ順に起こる出来事 B.イスラエル国家の再建(後半)(ユダヤ人の回復は2段階で成就するという立場:私たちの立場、他)C.ユダヤ人の支配下に置かれたエルサレム

2017年2月11日 患難期前の出来事(2)
患難期の前に起こる一連の出来事 Ⅰ順に起こる出来事 A.第一次、第二次世界大戦(後半) (3番目の質問の答え) B.イスラエル国家の再建(前半)(5つの立場のうち3つまで)

2017年1月28日 患難期前の出来事(1
患難期の前に起こる一連の出来事 Ⅰ順に起こる出来事 A.第一次、第二次世界大戦(前半)マタイ23、24章 
イエスが指摘した宗教指導者たちの罪とは? 弟子たちからの3つの質問とイエスの答えとは? 再臨の概念をもっていなかった弟子たち、 ユダヤ的理解の「時代」とは2つの概念のみ

2017年1月14日 アブラハム契約の歴史的展開(4 
Ⅶ 地域教会への適用
マタイ:大宣教命令、ローマ:救いの方法、ローマ:パウロの召命、ガラテヤ:二種類の宣教、原則の実行(使徒:積極的な伝道、ローマ:受身の伝道)、使徒:原則の拒否
Ⅷ 個人的生活への適用
詩篇122:6

2016年12月24日 番外編 子どもチャペルブログ クリスマス会

2016年12月10日 アブラハム契約の歴史的展開(3)
Ⅳ 新約聖書におけるアブラハム契約の発展
ルカ7章:初臨時 百人隊長、使徒10章:最初の異邦人信者百人隊長コルネリオ
Ⅴ 新約以降の歴史におけるアブラハム契約の発展
スペイン、英国、ドイツ、アラブ諸国
Ⅵ 預言書におけるアブラハム契約の発展
エゼキエル書:患難期前の北の諸国連合の侵攻、ゼカリヤ書:ハルマゲドンの戦い
Ⅶ 結論 ユダヤ人を滅ぼす方法

2016年11月12日 アブラハム契約の歴史的展開(2)
Ⅲ 国家的なレベルでのアブラハム契約の発展つづき
出エジプト記:アマレクとイスラエル、サムエル記上:アマレクの王とイスラエルの初代王サウル、エステル記:ハマンとモルデカイ・プリムの祭り・続編
ユダヤ人の抹殺方法4つ(妻、息子、宣戦布告、反ユダヤ主義政策)
(参考)エステル記聖句

2016年10月22日 アブラハム契約の歴史的展開(1)
Ⅰ アブラハム契約ー聖書的な歴史観を理解する大原則ー創世記12:1~3: 神のイスラエルに関する(つまり異邦人に対する外交方針
Ⅱ 個人的なレベルでのアブラハム契約の発展
アブラハム、サラ、パロ、アビメレク王:イスラエルを呪う者は同じ種類の呪いを受ける
ヤコブと伯父のラバン、ヨセフと侍従長ポテイファル:イスラエルを祝福する者は祝福を受ける
Ⅲ 国家的なレベルでのアブラハム契約の発展
世界初反ユダヤ主義国家、へブル人男児はナイル川へ、10の災害の最後、パロの軍勢は海へ:
神が約束されたことは必ず実現する
(参考)聖書の8つの契約、アブラハム契約の6箇所の聖句と13の条項、追認

2016年10月8日 ヨハネの黙示録レジュメ(21)
黙21:1~22:21 
永遠の御国  
過ぎ去る古い世界と出現する新しい世界、 聖なる都エルサレム:都の出現、都の描写( 栄光、城壁、門、土台、都の大きさ、材質、入城、いのちの水の川、いのちの木、住民、栄光)、結論(立証、黙示録が光であることの宣言、第一の保証、招き(福音の三要素)、警告、第二の保証、祝祷)
『The Footsteps of the Messiah 』翻訳メモ 「第22章 永遠の秩序」「第23章 結論」

2016年9月17日 ヨハネの黙示録レジュメ(20) 
黙20:7~15
その後の出来事 :最後の反乱、大きな白い御座の裁き(いのちの書、数々の書物、小羊のいのちの書、第二の復活) 
『The Footsteps of the Messiah 』翻訳メモ 「第16章 メシア的王国を信じる根拠」「第17章 メシア的王国の一般的特徴」「第21章 御国以降」

 2016年9月10日 ヨハネの黙示録レジュメ(19)
黙20:4~6
メシア的王国 メシアによる統治、チャート・千年王国が始まるまでの75日間(地震、5回目の暗黒、半キリストとにせ預言者が火の池へ、サタンはアビスで一千年間、生きている異邦人の裁き、旧約時代の聖徒と患難期の聖徒たちの復活、天と地の修復、ダビデの王座の確立、小羊の婚宴)、第一の復活の5段階 

2016年8月27日 ヨハネの黙示録レジュメ(18)
黙19:1~20:3
再臨とその後に起こる出来事 1.再臨の前の序曲(4つのハレルヤ、ユダヤ式結婚の4段階①婚約、花嫁料、キリストの血潮 ②花嫁の迎え、いつ、住まう場所の用意、携挙 ③結婚式、儀式的きよめ、正しい行い、キリストの裁きの座 ④披露宴、招待者) 2.再臨(裁き主、2つの軍勢、王の王) 3.ハルマゲドンの戦い(要約) 4.反キリストとにせ預言者(火の池) 5.異邦人 6.サタンの縛り(千年王国の間アビスに)

2016年8月14 東京恵比寿のハーベスト定例会(毎週日曜と月曜)にてヨハネの黙示録の講解メッセージが始まりました。
中川健一師によるヨハネの黙示録(1)<動画>
同メッセージアウトライン

公式アプリもあります。ダウンロードはこちらから

2016年7月23日 号外 ミラクルセブン

2016年7月9日 ヨハネの黙示録レジュメ(17)
黙17:1~18:24
再記述:二つのバビロン  1.統一された教会としてのバビロン(患難期前半) 大淫婦(にせものの宗教、ニムロデ、バベルの塔)、政府、水、大淫婦の滅亡  2.政治的バビロン(患難期後半) バビロンの崩壊、バビロンの罪(千年王国での悪霊の居場所、エドム、バビロン)、バビロンの嘆き、王たちの嘆き、商人たちの嘆き、運輸人たちの嘆き、バビロン崩壊を喜ぶ人々、バビロンの崩壊

『The Footsteps of the Messiah 』翻訳メモ 「第12章 患難期の後半に起こる事」「第13章 大患難:その他の特徴と事実」

2016年6月25日 ヨハネの黙示録レジュメ(16) シンプル版、 解説版
黙16:17~16:21
大患難時代の後半に起こる出来事:ハルマゲドンの戦いの展開、第一段階(第六の鉢の裁き、反キリストの同盟軍の招集)・第二段階(バビロンの滅亡)・第三段階(エルサレムの陥落)・第四段階(ボツラでの反キリストの軍勢)・第五段階(イスラエルの国家的新生、キリストの再臨の条件2つ、イスラエルの国家的違反とは、反ユダヤ主義)・第六段階(メシアの再臨)・第七段階(ボツラからヨシャパテの谷に至る戦い)・第八段階(勝利の後オリーブ山に立つ、第七の鉢の裁き)

『The Footsteps of the Messiah 』翻訳メモ 「第14章 ハルマゲドンの戦いとメシア・イエスの再臨」

2016年6月11日 ヨハネの黙示録レジュメ(15
黙15:1~16:16
大患難時代の後半に起こる出来事:天に現れるしるし(モーセの歌)、鉢の裁き・第一(悪性のはれもの)・第二(海の破壊)・第三(川の破壊)・第四(太陽の炎熱)・第五(4回目の暗黒、エドム、モアブ、アモン)・第六(神の大いなる日の戦い・大患難時代の第3次世界大戦、日の出るほう、ハルマゲドン)

『The Footsteps of the Messiah 』翻訳メモ 「第11章 患難期の中間に起こる事」


2016年5月28日 
ヨハネの黙示録レジュメ(14
黙14:1~20
中間期の7つの宣言とその3つの目的、第一の宣言:シオンの山の上の144000人、第二:永遠の福音、第三:バビロンの崩壊、第四:獣の刻印、第五:殉教者たち、第六:刈り取り、第七:踏まれる酒ぶね、
チャート・中間期の12の出来事(患難期の第二次世界大戦、反キリストの死、サタンが地に落とされる、サタンによる反キリストの復活、3人の王の死 7人の王の服従、宗教組織バビロンの破壊、ふたりの証人の死、7年の契約の破棄、荒らす憎むべきもの、にせ預言者、666と反キリストへの礼拝、ユダヤ人に対する迫害の開始)


2016年5月14日 
ヨハネの黙示録レジュメ(13)
黙13:11~18
地からの獣、獣の実体とその働き(にせものの聖霊・にせ預言者、荒らす憎むべきものの2段階)、獣の刻印(666)


2016年4月23日 
ヨハネの黙示録レジュメ(12)
黙13:1~10
Q&A ユダヤ人への伝道
海からの獣(にせものの御子、異邦人の時、ダニエル書2章と7章・エルサレムを支配する四つの異邦人帝国、打ち殺されたかと思われた、聖徒)

『The Footsteps of the Messiah 』翻訳メモ「第2章 異邦人の時」


2016年4月9日 
ヨハネの黙示録レジュメ(11)
黙12:6~18
イスラエルの逃避(不信仰のままの帰還、ボツラ・ぺトラ)、地上に投げ落とされるサタン(サタンの5つの呼び名)、イスラエルに対するサタンの戦い(反ユダヤ主義の背後にあるサタンの理屈、再臨の前提条件、大鷲の翼)


2016年4月3日 
番外編 子どもチャペルブログ イースター会


2016年3月26日 
ヨハネの黙示録レジュメ(10)
黙12:1~5
大患難時代のイスラエル 歴史的背景 (
太陽、月、十二の星、ひとりの女、大きな赤い竜、第三の天、悪霊、神の定めた時と方法、サタンがイスラエルを憎む第一の理由、福音書にみられる特徴的な現象)


2016年3月12日 
ヨハネの黙示録レジュメ(9)
黙11:3~19
ハデス・タータラス・アビスについての復習、
ふたりの証人、第二の「わざわい」、第七のラッパ


2016年2月27日 
ヨハネの黙示録レジュメ(8) 
黙10章~11:2
大患難時代の中間に起こる出来事、 小さな巻き物(預言を学ぶとは、福音の三要素)、大患難時代の神殿、荒らす憎むべきものの2段階


2016年2月13日 
ヨハネの黙示録レジュメ(7) 
黙8:7~9章
ラッパの裁き・第一(1/3の土地の滅び)・第二(1/3の海の滅び)・第三(1/3の川、泉の滅び)・第四(1/3の宇宙空間の滅び)・第五:第一のわざわい(自然界の暗黒Ⅲ、悪霊の侵入)、死者の場所(シオール、ハデス、パラダイス、アブラハムのふところ、ヘル、アビス、タータラス)・第六:第二のわざわい(第2の悪霊の侵入、1/3の人口の死)、チャート・患難期前半中続いている出来事(十人の王、十四万四千人の宣教、ふたりの証人、エリヤの働き、宗教組織バビロン)

『The Footsteps of the Messiah 』翻訳メモ「第10章 患難期の前半に起こる事」


2016年1月23日 
ヨハネの黙示録レジュメ(6) 
黙7:9~8:6
十四万四千人の補足、アリエル・ミニストリーズ、異邦人の大会衆(聖霊)、第七の封印の裁き(天に訪れた静けさ、殉教者たちの祈りに対する答え)

2016年1月9日
参加は主催者のみだったため学びは進ませず(よって今回のレジュメはありません)、祈りの時をもち、死後の世界の再確認をしていました。
「アブラハムのふところ」という言葉は米語では一般的(?)ということからPPMのOh, Rock my soulを二人で歌いました。
フォーラムは参加者がいてはじめて成り立つものです。
いらしてくださるメンバーに感謝しつつ、次回も来られますようにといつもお祈りしています。

2015年12月26日 ヨハネの黙示録レジュメ(5)
黙6章~7:8
封印の裁き・第一(反キリストの征服)・第二(大患難時代の第一次世界大戦)・第三(飢饉)・第四(世界人口の1/4の死)・第五(聖徒たちの迫害)・第六(自然界の天変地異、2回目の暗黒)、十四万四千人のユダヤ人と世界大のリバイバル(マタ24:14誰が、神の印)、外されている部族の名前

『The Footsteps of the Messiah 』翻訳メモ「第3章 ラオデキヤ教会の続き」

20日の子どもクリスマス会へのお祈りをありがとうございました。
また26日は学びだけ、クリスマスパーティーだけ、の参加者を含めて計10名となり、うれしかったです。
ミシュラン・ビブグルマンのピザ、国産ローストチキン2羽、差し入れ等々ありがとうございました。
またやりましょう。

2015年12月12日 ヨハネの黙示録レジュメ(4)
黙4章~5章と、6~18章の概要
Ⅲこの後に起こる事
大患難時代の前に天で起こる出来事(神の御座、二十四、祭司、白い衣、冠、長老、神の七つの御霊、四つの生き物、セラフィム)、小羊と七つの巻き物(小羊、獅子、ほふられたと見える、封印を解くのにふさわしい)、 大患難時代という用語、チャート(3年半)、大患難時代のスタート、大患難の目的3つ


2015年11月28日 
ヨハネの黙示録レジュメ(3)(リンク先はありません)
『The Footsteps of the Messiah』の翻訳メモ「第3章 七つの教会」
来られなかった方へ、安心してください。進んでませんよ。
再度、7つの教会について
翻訳メモについては、フォーラムに直接参加していただく方にのみ個人利用限定で分かち合いいたします。今後も新たに章の翻訳を重ねていきますので、是非フォーラムにお越しくださり、共に学んでいきましょう。


2015年11月14日 
ヨハネの黙示録レジュメ(2)
黙1:9~3章
Ⅰヨハネが見た事:栄光に輝く人の子(ヨハネの自己紹介、啓示⦅イエスの役割、黙示録の中心テーマ・サブテーマ、シャカイナグローリー⦆、解釈⦅ハデス⦆)、
Ⅱ今ある事:7つの教会に宛てた7つの手紙の内容(5つのイントロダクション、要因、アウトライン⦅悔い改め、パラダイス、いのちの木、異端、使徒信条、第二の死、福音の三要素⦆)

宿題:以下6つのアウトラインを7つの教会それぞれの中にさがしてくること。
1.宛先  2.イエスの描写  3.称賛の言葉  4.叱責の言葉  5.勧告  6.約束


2015年10月24日
 ヨハネの黙示録レジュメ(1)
黙1:1~8
預言解釈の原則、黙示録の6つの特徴について、 終末論年表、イントロダクション、あいさつ

 

2015年10月10日 中川健一師 メシアの生涯(165)「オリーブ山での説教(1)<動画>」  同アウトライン
マタイ24:1~8

2015年9月19日  祈り

2015年9月12日  中川健一師 メシアの生涯(168)「オリーブ山での説教(4)<動画>」  同アウトライン 復習
マタイ24:15~28

2015年8月     夏休み

2015年7月25日  第6回ハーベスト聖書フォーラムキャンプ合流 御殿場
中川健一師「テサロニケ人への手紙第二」<テキストのみ> 

2015年7月11日  中川健一師による開所式メッセージ

 

 

 

 

IMG_0709

練馬桜台聖書フォーラム

代表 :南 知之

バックナンバー