Loading...
DSC_0015

熊本聖書フォーラム

へブル人への手紙 第四の警告と励まし 2018年1月28日

2018.01.28

カテゴリー:お知らせ, 熊本集会メッセージ

■二つの区分

へブル人への手紙は、大きく二つに分けると、神学的理論を中心とした第一区分とその適用である第二区分になります。

第一区分では、ユダヤ教の三本柱である「天使」、「モーセ」、「アロン」と御子イエスが比較され、御子がこれらよりもさらに優れたお方であることが説明されます。

第二区分では、御子の優位性を理解したうえで、信者はどのように歩むべきかが語られます。

■前回の内容

前回から、へブル人への手紙の第二区分「適用」(10191325)に入りました。

ここで特に勧められること、中心的適用は、「大胆にまことの聖所に入る・・・神に近づこう」です。すでに416でも「大胆に恵みの御座に近づこう」とありました。

「恵みの御座」とは、天のまことの聖所の中にある、神の御座(1881122)です。「まことの」というのは、地上の聖所である「モーセの幕屋」とそれを引き継いだ「エルサレムの神殿」との対比が念頭にあります。その対比を理解すると、「大胆に」ということの意味が見えてきました。

さらに前回は、「大胆に恵みの御座に近づく」の意味を踏まえて、「勧告のための2つの基盤と4つの勧め」(10:19~25)を学びました。

■今回の内容

前回の勧めの中で「いっしょに集まることをやめること」の危険が指摘されていました。
これを受けて、警告と励ましが語られます。へブル人への手紙の中には、全部で5つの警告があります。今回の警告は第四の警告です。

 

集会資料(PDFファイル)は、次をクリックしてください。

聖書フォーラム熊本集会20180128

音声メッセージは、次をクリックして、次に現れる画面の音声再生スタートボタン「▶」をクリックしてください。

https://www.dropbox.com/s/lpth9coizsfiblu/180128%E7%86%8A%E6%9C%AC%E9%9B%86%E4%BC%9A.mp3?dl=0

 

 

 

 

 

forum_019

熊本聖書フォーラム

代表 :清水 誠一

バックナンバー