Loading...
pattern0_s11

埼玉・東鷲宮聖書フォーラム

埼玉・東鷲宮フォーラム M兄送別(派遣)にともなう証し

2016.12.27

カテゴリー:お知らせ,

12月23日の黙示録の学びの後に、メンバーのMさんと奥様、お嬢さんの送別会を開きました。

当フォーラムにとって、ちょっぴり淋しい中に大きな喜びが混じった送別会でした。

「送別」の理由ですが、実はMさんがハーベスト・ミニストリーズのスタッフとして埼玉県の最北・加須市から住まいを移され、裾野市のオフィスにフルタイムでの入社が決まったからです。(3月末で帰省される、現スタッフのSさんの後任です。)

 

今回の入社に至る経緯を少し証しします。

先月(11月)11日に中川先生から私(溝口)にお電話がありました。用件は『Sさんが、諸事情で3月末で大阪に帰省しないといけなくなった。 裾野でフルタイムで働けるOA関係に長けた人を至急探さないといけないけど、誰か心当たりの人はいませんか』と言うものでした。私は、「すぐには思い付きませんが、気に留めておきますね」とお伝えして電話を切りました。

 

翌12日は、当フォーラムのレギュラークラスの学びの日です。当初、Mさんは都合により参加出来ない予定でしたが、予定が変わって誰よりも早く来られました。そして他の人が来られるまでの時間で、前日の中川先生からの話しをしました。「そう言えばMさんもプログラマーに関係する仕事についておられますよね?でも、引っ越しが条件となるとねえ?」「そうですね、難しいですね。」と言った具合で終わりました。

 

「 どうせ話をしても妻や娘が反対するに違いない」と、それでも翌日「実は昨日、溝口さんからこんな話があった。」と切り出されたそうです。そうしたらビックリ仰天!

 

一瞬の間があって「これは、主の御こころに違いないので家族そろって裾野に行きましょう!」。更にお嬢さんからも賛同を得て、Mさんも「これは御心に違いない」と確信。直ぐに「昨日の話しですが、中川先生に話をして進めて下さいませんか?」との電話がありました。早速、中川先生にお伝えしてからは、話はとんとん拍子です。

 

主が計画されている事を進められる時には、全ての事柄が「青信号」で進んで行きますね。25日にMさんご夫妻と溝口の夫婦で、裾野にお邪魔して「面接」⇒即「入社決定」と言う事になり、奥様もパートタイムで仕事を手伝われる事も決まりました。

 

しかし、話はこれで終わらずに、住まいもオフイスから徒歩5分くらいの所の引っ越しをされたばかりの事務所のAさんが住んでおられた所に決まり、更には、お嬢さんが裾野に行ったら「猫が飼いたい」と願っていた事までも・・Aさんの飼い猫を譲り受ける話もまとまり・・・素直に神様の求めに応答した事に対する、神様のご配慮にただただ・・・御名を崇めるばかりです。

 

20161223水沢さん送別会 (2)

写真:左から2番目がMさんの奥様、3番目がお嬢さん、4番目がMさん

 

resizedimage200150-higashiwashinomiya

埼玉・東鷲宮聖書フォーラム

代表:溝口 修

バックナンバー